人気ブログランキング |
ブログトップ

FUCKING DIARY

realdevil.exblog.jp

匿名文句相手する程お人好しではありません!不快なコメントも論外。個人的な意見質問はメールで宜しく。

f0010112_12081528.jpeg


先ずは…

私、注射が苦手なんですm(_ _)m

去年、会社の健康診断で、採血の際に、長年格闘技をやっているせいなのか、皮膚が常人より硬いのと、前腕の筋肉が異常に発達している関係で、5回失敗された挙句、ベテラン看護師に変わられて何とか終わった事で、更に恐怖が倍増しまして…

怖いか?
怖くないか?
と聞かれれば…



とっても怖いです🙇‍♂️



先日、久し振りに感染症の血液検査を受けたのですが、その時に今迄とは全く違う対応を受けて正直、



一瞬気が遠くなりました。



感染症。

B型肝炎
C型肝炎
AIDS

この3つがメインだと思うのです。

普通に真面目に生活していたら、先ずかからない病気です…

普通に真面目に生活していたら、先ずかからない病気です…

普通に真面目に生活していたら、先ずかからない病気です…

検査病院に行って、紙を貰ってお終い。

後は、ちょっとだけドキドキしながら、結果を見て、ほら健康でしょ!!!

それでおしまいでした。

今迄は毎回。

所が今回、初めて病室に呼ばれたんです。

先生からお話が有ります!
と…



俺からは、お話なんて有りません!!!



紙だけ受け取って帰るで良いんです!

だけど今回は違ったんです!

初めて、単純に紙だけ渡すんじゃなく、お話がと…

お話って何ですか…



先生: C型肝炎とB型肝炎は、問題有りませんでした。

ただ、AIDSの検査結果なのですが…





先生、もうそれ以上は言わないで下さい_:(´ཀ`」 ∠):
私、今既に死にそうなんですけど…





すると、封筒を出されました。

そして、中から徐に書面を出し…

止めて〜(>人<;)(>人<;)

検査結果なのですが…





陰性です…





言いましたよ私!!!

何なんですか?!?!?
この恐怖のイベントは!!!!!

先生:うちは、AIDS検査は外注なので、届いた内容は、患者さんと見る決まりになってまして…

皆さん、格闘技とSEXはソフトにやると、こんな時にドキドキしません。

もしかしたら今夜、レイプされるかもしれません。

その時は、合意の意思じゃ無くて良いんです。

これ使わせて、とコンドームをそっと差し出しましょう。

相手も鬼じゃ有りません。



いや、鬼👹だな😁



毎日、真面目に健全に生きていれば、何の心配も無いよってお話でした🙇‍♂️

# by realdevilman | 2019-11-26 12:08 | 後尾 格闘技 プチ変態
よくさ、友達や先輩後輩と呑んでいて、有る程度の時間が経った時、そろそろ店変える?
みたいな雰囲気と言うか、空気になる時、有りません?

私、その感覚がよく解らないんですよね。

まあ、居酒屋としましょう。

店の閉店時間だったらしょうがない。

だけど、まだまだ時間は有る。

今の居酒屋ってさ。
物凄い数の食べ物と飲み物の種類が有る訳じゃない!

大抵の物は有る訳で。

〆のラーメン迄、有る店も。

様は、雰囲気とかね。
ちょい暗めのバーみたいな所に行きたいとかも有るかもしれない。

でもさ、変える1番の要因てさ。



ソコに飽きた訳じゃない?



それって、その飽きた雰囲気の中に、ソコにいた人達と築いた雰囲気も含まれると思うのね。

それってさ。
自分達がその面子で作れる雰囲気に飽きたと思うのね。

人数が減るならさ。

テーブル小さくすれば良いだけじゃない?

その先に見たいものってさ。

グダグタの姿だけな訳でさ。

それは、同じ場所で見せても、何も変わらない訳で。

それさ、もう解散で良いんじゃ?
って思いません?

稀に有る、いや〜楽しかったって呑みはさ。

え?
もうお店お終い?
って感じだと思うのよね。

もうちょい呑みたいから、他の店探すかってノリは、素敵だと思うけど、それ以外は何か違うなと、ふと思った次第です😁


# by realdevilman | 2019-11-23 15:34 | 後尾 格闘技 プチ変態
ちょっと時間経ってしまいましたが。

いや〜凄い試合でしたね!

先ずは、初黒星を喫してしまった井上弟選手。

左構えで手数圧力の有るウバーリ選手。
強かったです!

井上選手と同じ遺伝子を持つだけに、期待値は非常に高かったですが、弟って基本的に、上の失敗や苦労を見て育つんで、要領が良くなる事が多々有ると思います。

育っていく過程で、要領良くこなしちゃいけない部分も有ると思うんです。

積み重ねなくちゃいけない部分も有ると思うんです。

その部分はどうだったのかな〜と。

って、世界最強のお兄さんと比べたらですから…

世界最強レベルの話です!

まだ若いですし、ここで悔しさを知ったんで、まあ後に世界王者にはなるでしょう!

世界最強の兄を持つ、弟の苦労。

チャンスの少ない世界戦線。

この敗戦のリベンジば、結果的に兄がしてしまうのかと思うと、このトーナメントで最大の敵と思っていた、途中危険したテテの対戦に向かう事が、リング上で対戦表明されたウバーリよりは、確実なんでしょうが、テテはまた、強いと思いますからね😁

ただ、あの年齢で、世界のトップと渡り合うのは凄いなと。

ジャッチは…

解説も言ってましたが、ちょっと厳しすぎたのでは…



ウバーリにフルマークは無いでしょう…



ただ、大きなダメージ無く、ダウンを知り悔しさを知る敗北を知った事で、コンプリートファイターに近付き、次の世界戦でベルトを巻けるのでは?
と思うし、期待してしまいます。

試合中の相手選手との立ち位置的に、左構えは苦手だと思いましたが。

そして、ドネア!!!

力、落ち切ってなかったですね!

バンタム級にしっかりアジャストして、作ってきましたね!

年齢で落ちる部分て、有ると思います。

でも年齢を重ねる事で強くなる部分も有ると思うんです。

その両方を、選手自身が最も知る事で、マイナスをプラスにできる事も有るなと。

今迄、井上選手って打たれた所を見た事が無かったので、井上選手に対する唯一の疑問は、打たれた時の耐久力だったんですが、それを知るには、世界最高の左フックを喰らった時点で、その疑問に最高の答えを出すから、また凄いなと。



無茶苦茶打たれ強い!!!



世界最強の攻撃力に、世界最高のディフェンス力、そして世界最高の打たれ強さ!!!

日本ボクシング史上最強だと、証明して有り余る、凄い試合でした。

そして、36歳で円熟味を見せたドネアは、まだまだやるなと。

一撃と言う点では、ドネアの左フック!

これは世界最強の左フックでしたね。

そして、その左フックを耐えて、勝った井上選手。

井上選手をオンタイムで見れる事は、ボクシングファンとしては、最高の幸せだと思います。

日本ボクシング史上最高の選手を、これからも一ファンとして、見ていきたいです🙇‍♂️

井上選手は顔を骨折してしまっているらしいですが、日本ボクシング界の至宝の、早い回復を心から祈りつつ、ボクシングテレビ観戦記でした🙇‍♂️


# by realdevilman | 2019-11-15 09:58 | 後尾 格闘技 プチ変態
66

66.67

67

68

69

70

72.5

73

75

76.20

79

80

85

90

毎回違う自分がいるから、面白い(^。^)

何の数字かって?

自分がお金貰って試合した事の有る体重を、軽いところから、書いてみました(^。^)

今の時代の、子供の頃からやってますの選手達とは違う、プロデビューした21歳からの試合体重です(^。^)

これが、段々と大きくなって行ったのなら、普通にデカくなったな〜だと思うけど、そうでもなく、途中でいきなり減って70まで落として、次は80とか、体重足りなかったけど、面白過ぎる無茶もした…

90なんて、2キロ近く足りなかった(^O^☆♪

コウイチが戦ってた体重で、勝って勝利の全てを捧げたかったけど、甘かったm(._.)m

でも、私生活では、何処まで大きくなれるか挑戦してみて、105キロ迄増えた事も😁

因みに90キロ超えると、確実に醜いデブです😁

パワーがまあ通じるのは、80キロ以下迄です😁

1番軽い試合体重〜1番重い試合体重迄の差は24キロ!

冒険家だな私😁

途中、肥満認定が出ない様にと、会社の健康診断に合わせて、試合スケジュール組んでたのは、内緒🤫

人間の細胞なんて、数日で変わっていく。

何ヶ月も前の自分なんて、細胞的には、かなり違う人。

色んな体重の、色んな自分がいて、その1つ1つが新鮮で刺激を与えてくれる。

刺激の無い人生なんて、しょっぱく無いラーメンみたいなものでしょう。

いつか必ず、動けなくなる日々は来る。

年齢の代謝率の低下と、減量できる体重幅が、毎回未知の状況なんで、そのドキドキが怖いけど。

あ〜やっとけば良かった!

そう思わない様に、もう上は見ていないんで、そう言う意味では選手とは言えないかもだけど、好きな事はできるうちにやっておこうと思ってる、曇った秋空の朝。

# by realdevilman | 2019-10-18 09:32 | 後尾 格闘技 プチ変態
何か炎上商法に引っかかってしまいました。

私は正直、よく解らない事ばかりなんですよね。

私如きの名前迄使って迄、必死にチケット売りたいみたいですが、先ず売れねーよって。

そして私はもう一切関わりたくないんで、今回この時のみのお話で終わりにさせて頂きます。

いつだったかな?
軽〜い気持ちで、今度試合で使って下さいよとは言いました。

しかし、6月にMAキックボクシングに出場させて頂きまして、初めて日本人相手に1RでKO負けしてしまいまして。

まあ、もういいだろうと。

その直後に、今回の試合のオファー?
を頂きまして、ダメージも心配だったので、断りを入れると、話が違うとか、出るって言ったじゃないかとか、そりゃもうガダガタとうるさくて。

それで、本当に仕方なく出るしかないなと。

そしたら、今度は記者会見するからと。

で行ったら飲み会なんですが、何か選手同士で争う寸劇の筋書き言われまして。

俺、役者じゃねえし寸劇なんてできねーよと思って、即タックルして何とかこなしましたが…

心が死にましたね。

俺、こんな事しないといけなくなったかと、心底落ち込みました。

ただね。
盛り下げるのだけは嫌なんで、本当に断腸の想いで、仕方なく、何か謎めいた三文芝居をやりました。

本当に心が死にかけるのと同時に、よく皆、こんな茶番やってられるなと思いました。

で、試合と言えば契約書くらい交わさないと、ファイトマネー払わないんじゃって感じまして。

そこからこれが入江代表が送って来た契約書に付いてのラインのアップです。

f0010112_22561015.jpeg
所が2ヵ月前になっても一向に来ないので、改めて聞いてみると

f0010112_22561036.png


1ヵ月前に普通に変えてるんですよね。

イヤイヤと、ちょっとまってくれ!と。

貴方の必ずって、こんな軽い感じですか?

何ですか?
このいい加減さは?

こんないい加減な人の所で試合できますか?

試合の契約内容、今を持って何一つ知らないんですけど。

ファイトマネーも何も、全く解らないまま。

こっちは2ヵ月前からコンディション作りに、減量から色々な事を犠牲にしてやってんのに、こんないい加減なんですよ。

正直、滅茶滅茶太ってたのも有り、既に12キロ落としてました。

そりゃあ出るの止めますよね?
だって、ファイトマネーもルールも何も全く解らないまま、試合だけやらされそうですから。

で、もう出ませんよと言えば、その後は、何か大騒ぎですよ。

俺は入江氏のブログなんて、見た事も無いし見る気も無いから、何をほざいてるのか知りませんけど、これね。

完全な炎上商法だと思うんですよ。
こんな感じで話題振り撒いて…

必死なのは自由ですし、頑張るのは自由ですけど、そう言うのは、自分だけでやってくれよと。

周りは巻き込まないで下さいよと。

で、出ないとなれば、今度は必死に、パーティーで何しただと。

プロレス系のパーティーで、ハメを外して盛り上がる位で、ガダガタ言う様な男だと解って、ガッカリですよ。

プロレスってそんな小さな事言うチマチマした所じゃねえだろって。

何か裁判云々ほざいてると聞きましたが、やれるもんならやってみろと。

その裁判の成り行きで、どっちが正しいか全て解るでしょうし、裁判もやらなければ、裁判やるってほざいてる事からして嘘だったって事で、入江氏の言葉の軽さが証明されるでしょう。

本当に、ウンコ踏んじゃった感じで、靴が汚れてショックです。

私は今後も一切、この出来事とは関係有りませんし、この炎上商法に皆さん乗らずに、おかしな人は相手にせずに、この残暑。乗り切りましょうね。

あ〜最悪。

て言うか、何故途中から字の大きさが変わったかも謎😁

早く悪夢をわすれたい。

# by realdevilman | 2019-09-05 22:56 | 後尾 格闘技 プチ変態
先日、尊敬する大先輩から、御誘いを受けた。

新日本キックボクシング協会の試合だった。

新日本を辞めてから、数年。

23歳から27歳迄の1番良い時期4年間、日本で試合できなかった自分を拾ってくれた、新日本キックボクシング協会に恩を忘れない為に、目の怪我が治ってもケジメとして、5年待ちフリーとなって試合してからは、実は何度か行く機会が有ったのだが、あえて誘われても行くまいと決めていた、新日本キックボクシング協会。

しかし、今年に入ってその新日本キックボクシング協会が、またかよ的にキック界の悪定番の分裂をしてしまい、と言うか分裂と言うよりは大半のジムが抜けてしまい、最早、自分が青春を賭けていた場所が崩壊してしまったのかと思い、その中での次興行が、どの様な感じで行われるのか、とても興味が有りました。

感想としては…



随分寂しい感じになったな〜と。



自分のいた頃は、大人気の武田幸三氏がいて、軽量級には深津飛成や菊地剛介もいて、米田兄ちゃんや松本君に北沢さん、本当に強い選手が沢山いて、常に会場は満員、選手チケットが足りない時も有る程で、層の厚さから、1つの敗北が、特に自分のいたウェルター級は最も層が厚かったと思ってるので、即タイトル戦線からの脱落を意味する、本当に熱い厚い団体でした。

所が半分近く?
それ以上?
のジムが抜けてしまい、かつては日本最大規模を誇った団体が…



素直に悲しいです!!!



自分の中で、シュートボクシングを辞めて4年もたった後に、いきなり新日本で、目の怪我をするまでたった2年ですが、しっかり戦い切った事が、キックボクサーとしてのプライドの根底に有ったので、そんな愛する団体が、痩せ細ってしまった事が、残念で堪りません。

君臨する筈の王者が分裂でいなくなったから、王座決定戦…

トップランカーと、階級アップした下の階級の元王者との試合だけに、相応のレベルでは有った事が救いでしょうか…

ただ、自分がいたウェルター級でも、王者が非常に情け無い戦い方でして…

他団体の、名も無き選手と良い勝負して…

切ない気持ちを感じました。

そんな中で、自分がいた頃は、本当に可愛い子供だった、睦や洋太が、物凄く強くなっていて、心底嬉しかったです。

見た事が無かった技術を使って、KOする睦。

偶然の産物かと思うも、革新的な動きを感じ、それは狙っていたのかと聞けばその通りと。

薄っぺらくなってしまった新日本キックボクシング協会にはまだ、江幡兄弟と重森洋太がいる!!!

それだけで良いと思いました。

最後に代表とお話したら、何故か怒られましたが(^。^)

まあ、自分は筋とルールは何1つ間違えていないので、関係無いですけど(^。^)

自分自身、この歳になってもコッソリ、もう上を見ずに、選手としてと言うよりは、ただただ楽しむ事を目標に、身体の動く限りは、キックボクシングは続けたいなとは思っているのですが、最近は流石に、関節の怪我や体力の低下が著しいので、何処でフィニッシュかなと思ってる中での、故郷訪問でしたが、色々と思う所が有りました。

以前コーチしていて、揉めた形で離れたジムの会長から、親しい感じで話し掛けられて、自分の中の蟠りが解けた感じがしたのが、良かったですが(^。^)

俺の方が小さかったなと。

そんな、新日本キックボクシング協会かんせんでした。

正直言えば…

かぶった現役選手も1人も?
いないので、もう故郷感は殆ど無かったです…

ただ、選手達はスポットライトを浴びて頑張って欲しいなと思います。

選手も大分若返ったので、全て若返った方が良いかなと思います。

押忍(^ω^)


# by realdevilman | 2019-07-15 10:10 | 後尾 格闘技 プチ変態
いや〜、村田選手はオーラ有りますね。

話してる姿から、行動の全て、何か物凄く、人を惹きつけるものが有りますよね。

純粋に、人としてファンになれます。

そんな村田選手の1番の武器は、タフネスだと思っています。

村田選手はプロデビュー戦で、完璧な右のカウンターを、序盤の固い所で合わせられたのに、リアクションすら無く攻め続けた時に、こりゃ凄えなと(^.^)

それは肉体的にタフなだけで無く、精神的にもタフなんだなと。

私は、タフな奴こそ最も生き残ると、思っています(^。^)

今回の対戦相手との前回の試合では、綺麗なアウトボクシングでジャブでポイントアップされて、逃げ切られてしまいました。

そんな相手に対しては、序盤から潰す様なプレスを掛ける事が1番の得策なのは、誰もが解っていたと思います。

でも、その戦い方って、タフネスの絶対装備が必要な上に、世界戦の12R制では、途中でガソリン切れたら終わりの、本当にハイリスクな戦い方だったと思うんです。

あの攻め方で、もし相手が耐え切ったら、村田選手は絶対に後半までスタミナは保たなかったと思います。

世界王者迄なると、自分のポジションに対して、色んなプレッシャーが無茶苦茶かかるんだろうなと思います。

そこで得たポジションを失いたくない気持ちが、前回の敗戦に繋がっていたのかなと思っていました。

その経験を得た上で、あえて特攻の様な戦い方をできる、村田選手の精神的なタフネスさには、本当に感嘆の思いですm(._.)m

覚悟を持つ事は、本当に大変な事だと思います。

その覚悟を、実際に行動で示す事は、もっともっと、本当に凄い事だと思います。

1Rを見た時に、その覚悟を見た時に、これは勝つかな?
と思いました。

そして、もし?
この戦い方でなら負けても、悔いは残らないだろうなと思いました。

そんな村田選手の、漢の覚悟を持った試合が見れて、本当に感動しました。

何か自分の中で胸の中につかえてたものが取れたかの様な、爽快な試合を見せて頂きました。

ただ、こんな精神的にも肉体的にも自分自身を削る試合は、後もう何戦も見られないじゃないかなとも、思いました。

それぐらいに、漢の覚悟を持った試合を見れて、本当に久し振りに感動させられました。

村田選手、おめでとう&有り難う。

そして、その前の試合でやられてしまった清水選手の、ダメージが心配ですね。

眼窩底骨折でもしてそうで。

合計2回、スパーリングとプライベートで、両目眼窩底骨折してる俺には解る辛さです…

対戦相手の不幸の上に自分幸せが有ると言う、本当に恐ろしくも熱い格闘技の中で、最も層と権威の有るボクシングで、最高の男の覚悟を見れて、幸せです。


# by realdevilman | 2019-07-14 07:04 | 後尾 格闘技 プチ変態
お金の円じゃないです。
丸い円です(^。^)

緑は、読み方はみどりじゃないです(^。^)
エンと読んで下さい。

何か最近、自分の人生が大きな円の様に、回り回る色んな縁を感じています。

本当に面白い、人生の縁だなと。

凄い縁を感じました。

もう30年位前になるのかな。

何時も遊んでた先輩の1人が、ガキだった私に、有る写真を見せてくれました。

当時10代でとても愚かだった私は、愚かで暴虐武人な行動を日々繰り返していた頃でした。

本当に愚かな頃でした。

そんな、かなり調子に乗っていた私に、
「お前なんか絶対に勝てない人が、世の中にはいるんだよ。」

そう言って先輩は、仕事場が一緒だったと言う、ある空手家の写真を見せて来たのは、丁度30年位前だったでしょうか。

写真に写るその方は髭で強面で、その方を先輩は、空手のチャンピオンだと言われました。

初めて見るリアルに近い距離?
にいる、本物の格闘家でした。

武道は、礼に始まり礼に終わります。

人間、礼儀さえ成っていれば、何とか生きていけると、近年とても感じています(^。^)

小学生の時、友達が空手の道場に通いだしました。

俺も凄くやりたかった。

でも、当時かなり粗暴だった私は、空手なんかやらせたら危険と親は判断し、どんなに頼んでもやらせて貰えませんでした。

アソコで、空手を習っていたら、少し人生が変わったんじゃ無いかなぁって、今思ってます(^。^)



あれから何十年か…



今、約30年前に見せられた写真の、正にその方の道場で、強育して頂いています(^。^)



物凄い縁を感じています。



目の怪我で引退を決意し1度。
そこから治療〜完治したものの、移籍に4年掛かった前のジムへの筋として、1年長い5年待つ事を自分に課し、その年月で失ったものに気付かず2度目の再起。

しかし、色々と思い知らされ、選手として上にはもう行けないなと気付かされて、選手としては引退。

そして懲りずに今度は、選手の基本目標だと思う、上を見る事を止め、格闘技をやる事を純粋に楽しむ!
を目標に新たに練習を始めてからは、ジム選びは、通い易さを第一に選んでいます(^。^)

去年、自らの年齢による代謝率の低下と筋量の増加を見誤り、階級を下げようとして愚かな計量失敗をしてしまい、その時に計量前日に何十キロも走り過ぎて大きな怪我もしてしまい、運動できなくなり、家から最寄りのジムもケジメとしてクビになりました。



これで辞めるかなと思いました。



しかし、身体はかなり造っていたので、このまま辞めるのは勿体ないなと。

チ●コ勃ったのなら、犯らないと嫌な感じに溜まる様な(^.^)

何より、殴ったり蹴ったりするのが、この歳になっても大好きなんですよね(^。^)

単純にもう一度、家の近場から練習できる場所を探しました。

そして見付けた、新たに練習させて頂ける、20分かからない場所が今の道場です。



そこのボスが、30年程前に生まれて初めて、リアルに知った格闘家の方!



人生って面白く繋がるな〜と、本当に思います。

もう歳なんで、毎日運動なんて、とてもできません(^。^)

ただ、楽しくミットやサンドバッグを、ぶん殴って蹴っ飛ばしています(^。^)

辛いとか苦しいってのは、その後に気持ち良くなる為の、前戯だと思っています。

因みに、私にはラッキーナンバーが有り、それが23なんです。

来週末、23年前に負けた自分に、リベンジするチャンスが生まれました。

本当に人生と言うのは、面白くできているなって、つくづく思います。

回り回って巡り会う、円の様な縁に、幸せを感じています。

色んな縁に恵まれて、今の人生が有るんだなって思います。

下がらず、前だけ見て進んで行くと、その先には素敵な景色が見えるのかなって(^。^)

そんな、素敵な縁の話を書いた自分に酔っている、危ないオジサンは、昨夜から煮込んだスープが美味しくて、とても幸せですm(._.)m

さあ問題です。

私は何が言いたかったのでしょう(^。^)


# by realdevilman | 2019-06-07 09:29 | 後尾 格闘技 プチ変態
凄かったですね井上選手。

いや〜もう、ボクシングファンとして、井上選手を観れる時代に生きてる事が幸せです(^。^)

モンスターモンスター言われてますが、最早、パーフェクトですよね。

パーフェクトモンスターです(^。^)

目が良くてディフェンスと修正能力の高い、ハードパンチャー!

そして狩猟感覚が優れ過ぎてる!

1番はこれだと思うんですよね。

人間も、犬歯が有るので、肉食なのは間違い無いと思うんです。

狩りですよね(^。^)

正直、Facebookのお陰で、大好きなボクサー達とも沢山繋がれた事で、ボクシングを語る事が、段々と烏滸がましく感じて来てはいますが、よく考えたら、もう15年以上ボクシング観戦記を書いてるんだなと。

ベテランじゃねえかって(^。^)

一時は、歓声に左右されない様にと、音消して、採点表付けて見てましたからね、気持ち悪く(^。^)

今回は無敗のIBF世界王者に、挑戦と言う形でしたが、井上選手が持っているベルトWBAは、同じ階級にスーパー王者、レギュラー王者、暫定王者の3人が大体はいるんで、他団体からしたら、1番上に位置するスーパー王者以外とは、統一戦と認めないって事でしたが、世界王者って1人だから価値有ると思うんで、勝者の肩に何本ものベルトがかけられて行くのが見たかった私としては、WBAが最近打ち出した、王者を1人にって方針を、本当に実現して欲しいです。

試合は初めて、1Rに井上選手がペースを取れずに始まったのが、2Rに修正して、フィニッシュしてしまうのが、流石かなと。

開始直後に井上選手が出したジャブに、危ないタイミングでロドリゲスが出した右のクロスで、レベルの高さが伺えましたし、井上選手の警戒心も一気に上がったかなと。

ロドリゲスの右の、ジャブへのクロスは上手かったですね!

その相手、フィニッシュした相手が、無敗のIBF世界王者ですからね。

2度目のダウンの時に、自軍コーナーの方を、明らかにもう駄目だって顔でロドリゲスが見ていたのに、棄権しなかったセコンドには心底落胆してしまいました。

心の折れた選手に、無用のダメージを負わせる事程、愚かな行為は無いと思うので。

俺ならセコンドがあの顔でコーナー見たら、速攻でタオルと言うかリング入ってストップしちゃいます。

セコンドの1番大切な仕事って、選手を勝たせる事より、勝たせる目標を共に追いつつも、選手を無事にリングから降ろす事なのかなって。

IBFは、セコンドが試合をストップできないルールだったらごめんなさいm(._.)m

そして、試合で勝利した瞬間て、選手にとって1番嬉しい瞬間だと思うんです。

だから、終わって直ぐに、その余韻に浸らせず、次の対戦者をリングに上げてフェイスオフって、私は余り好きでは有りません。

なので、前回井上選手がロドリゲスの勝利の試合後にリングに上がってフェイスオフした時は、プロって大変だな〜って、本当に思いました。

そんな事が有ったので、今回のドネアとの試合後のフェイスオフで、一瞬睨み合った後に、ハグした時は、本当に心が温かくなりました。

ドネアは、本当に良い人なんだなって人柄が伺えました!

いや〜、ボクシングファンとして井上選手の試合を見れるって事は、本当に幸せです。

ドネアと決勝で戦うなんて、ボクシングファンとしては夢の様な感じです。

井上選手、最高!!!


# by realdevilman | 2019-05-20 09:35 | 後尾 格闘技 プチ変態
これは、何年前の話だろう?

約15年前になるのかな。

先日、武尊選手のアメリカ修行の放送を見て、キックボクサー?、総合格闘家?
ジムを開いて教えている、ドゥエイン・ラドウィックの姿を見て、ずっと心に引っかかっていた悔やみを、書こう思いました。

約15年位前の話かな。

時はK-1MAX全盛期。

新日本キックボクシング協会は、エース武田幸三氏が、世界トーナメントでラドウィックにKO負けし、その仇的に立ったのは、ミドル級では無敵の王者、松本君。

しかしミドル級はリミットが72.5キロ。
階級内ではかなり大柄の松本君が、スーパーウェルター級相当の70キロ迄落としてラドウィック狩りに挑むも、気持ち悪い位に痩せ細り、試合も全く元気無く、リベンジにも失敗。

協会中量級二大エースが、やられてしまいました。

まあ、強い者が勝つ。

単純明解なこの世界。
それ自体は何の問題も有りませんでした。

ただ、新日本の二大エースを喰ったラドウィックが、この後に他団体に喰われる事だけは、何としても防ぎたかったのかと思われました。

そこで有り難くもヒットマンの命を受けたのが、私でした。

当時、通常体重80キロを常に越えていた私は、ウェルター級での減量で内臓が疲弊し切っていたので(試合後1週間位迄はまともに飯を食えませんでした)70キロ前日計量と言う、当時ベスト体重での試合に、心からワクワクしていました。



ラドウィックを殺れ!



滾りましたね(^。^)

当時シルバーウルフが設立前で、伊原道場で練習していてラドウィックと対戦し、KO勝ちしている魔裟斗にも、ラドウィックの話も聞き、試合日程もある程度決まり、休み返上で練習していると…



いつの間にか立ち消え…



その後はその話を聞く事も無く…

一介の選手には、それ以上は何もできませんでした。

試合が決まって、練習して…

練習していて試合が流れるのは、本当に最悪ですよね…

選手の価値って、昔だったらチャンピオンになる事も大事だとは思いましたが、今は同じ階級に、腐る程チャンピオンがいる時代です。

チャンピオンと言うものには、価値が無くなってしまったなと。

その中での私的1番の価値は!



強い奴と、覚悟を決めて、熱い試合をする!



それに尽きると思うんです。

過去にも一度、プロモーションの関係で、世界的強豪との試合が決まって練習していて、2週間前に潰された事が有って、結果的に私は人生で何度も経験はできませんでしたが、世界的強豪との対戦は、やった人にしか体感できないものって、絶対に有ると思います。

例え秒殺されても、例え爪痕を試合で残せなくても、1番貴重なのは、試合の中で、相手も同じ人間だと体感できる事なんだと思います。

同じ人間だと思えれば、届かないとは思わない。

その経験こそが、選手としてだけじゃ無く、人間としても、とても成長できるんだと思います。

後に、憧れたデッカーが、ラドウィックとスーパーミドル級で試合してるのを見て、スーパーミドル級でやりたいと思って、改めてウエイトトレーニングで身体を造った経験迄、思い出しました(^。^)

チャルムサックが、フジチャルムサックになってリベンジしましたけどね^_^

明るいラドウィックを見て、知り合いでも無いのに、嬉しかったです(^。^)

そんな、悔しみを含んだ、思い出話でしたm(._.)m

エイプリルフールじゃねえぞ^_^

# by realdevilman | 2019-04-01 09:05 | 後尾 格闘技 プチ変態
f0010112_13204654.jpeg



かなり久し振りに、K-1の会場に御招待頂き、行きました。

埼玉スーパーアリーナで、格闘技の興行がまた、できる時代が来ましたね。

しかし、会場にいるお兄ちゃん達が、イキってるイキってる(^。^)

埼玉は、人工の8割がヤンキーらしいので、しょうがないかもですが(^。^)

会場に向かう時に、前を歩いてるヤンキーが、煙草吸って煙い煙い!

声かけようと思いましたが、ツレに我が家の最終兵器を連れて行ったのですが、同じく煙草吸ってるのでスルー😁

塞いでる席も結構有りましたが、それでも客は、満員?
そこそこ入ってました。

試合感想は、私の完全主観なので、それは違ってるよって意見も有るかもですが、ダメージの読み取りと戦いの気の流れだけは、誰よりも自信が有るので、見るなら黙って見て(^。^)

丁度、小澤選手の試合だったけど、最近打たれ弱くなった感が見えていた小澤選手が、しっかり距離取って、カウンターや有効打で、延長ダウンを取って判定勝ち。

ダウンでポイントアップした所からは、ムエタイの勝ってる選手の様に無理せずにいきましたが、移籍?
シルバーウルフの会長、大宮司進君も、ジムメイトの魔裟斗が栄光を掴んでいく中で、同じポジションにいけない悔しい経験も有るし、歴戦で打たれ弱くなった経験も有るんで、その指導の元で、勝つ事にポイントを決めた結果なのかなと。

進君は最後まで倒しに行く漢だったけど(^。^)

スターにはなれない戦い方ですが、身体能力はかなり高いと思うので、生き残れる戦い方を選択したんで、再浮上するかもですね。

加藤コオナに勝ったんで知ったルーク?
って選手と、近藤選手の試合は、差が開いてましたね。

私、昔まだプロ前のコオナに、かなりマスでやられたんで(^。^)

そのコオナに勝ったルーク選手は強いのかなって思ってましたが、近藤選手の強さが際立ちました。

近藤選手が、今回もKO勝ち。
同じ相手に2度KO負けしたら…

でも、コオナが地力をフル発揮すれば、勝てる気が…

話が逸れましたが、ゴンナパーと、中国人は、強い攻撃力とかなりの打たれ脆さを合わせ持つゴンナパーだけに、どちらかフニッシュする可能性が高いと思いましたが、ゴンナパーが勝ちに徹しましたね。

ムエタイのテクニックで、無難な判定勝ちでした。

日本にいるとタイ人は、得てして楽しい日本に溺れて、弱くなるのが殆どなんですが、ウィラサックレックジムは、弱いとタイに帰す等、選手に対する教育は行き届いてますね😁

ゴンナパーが日本で練習してるのか知りませんけど😁

大沢選手と篠原選手は、高いレベルのカウンターと打たれ弱くなって来てる?
篠原選手と、距離を上手く使える大沢選手の試合は、お互い距離を大切にし過ぎて、つまらなく感じました私は(^。^)

ただ、お互い攻撃力にキレが有るので、クオリティーは高かったかなと。

負けない戦い方を双方が取るとこうなるのかなと。

今のポジションを失いたく無い気持ちが、結果的にポジションを失わせる戦いに繋がってしまうのが、格闘技の怖い所ですね。

篠原選手の判定勝ちでした。

カリミアン選手と加藤選手は、圧倒的な体格と、私の個人意見ですが、世界トップの骨の硬さを持つイラン人、そのカリミアンに加藤選手が根性見せて行くかがポイントでしたが、思ったよりいきませんでしたね。
いけなかったのかな。

この階級で特に熱くなるわけでかも無い、僅差の判定決着は、残念でした。

加藤選手は負けにビックリした表情してましたが、負けてたと思うし、あの表情だと自分の試合内容を理解できてないのかなと。

まだまだポテンシャルを出して無い感が有るんで、残念と期待の狭間です(^。^)

カリミアン選手の、判定勝ちでした。

卜部弟選手と林選手は、スパーリングに近く感じたのは、やはり同じ、同じジムだからですかね。

お互いよく知ってるんでしょうね。

そうなるとテクニックでは卜部弟選手が上回ると思いますが、失神は特にですが、KO負けを経験している選手は、一気に打たれ弱さを合わせ持ってしまうので、強打を持っている林選手が、カウンターを気を付けて、プレスかけた分、延長で差が出ましたね。

昔、野入選手に凄い失神KO負けした傷跡なのかな。

よく知っていると言う部分では、技術的差は埋めますからね。

ただ、狂拳竹内選手に勝ってからのキャッチフレーズなのか解りませんが、林選手はやはり狂拳では無く、強拳ですね(^。^)

竹内選手のあのキャラが有ったからの、狂拳だったと思います(^。^)

林選手の判定勝ちでした。

金子選手と玖村選手。
2人共確かに男前ですね。

魔裟斗を呼び捨てにしたエピソード、若者の怖さと同時に、それを諭した魔裟斗の寛容さ、どちらもちょっと驚きました(^-^)

東京はヤンキーは絶滅したんで、都内の子じゃ無いのかな?
金子選手は(^。^)

試合は、張り切り過ぎた金子選手が、ダウン取った所から雑に詰めた所をカウンター気味のバックブローでダウンして、更にダウン追加されて、負けたかなと思いましたが、最終ラウンド盛り返してポイント取る所、そこで終わらせないのは持ってますね。

延長で自力の差が有ったので勝ちましたが、負けた玖村選手も良い経験になったと思うし、それ以上に、金子選手は、負けずにピンチを感じた事で、まだまだ強くなるキッカケになった気がします。

金子選手の延長判定勝ち。

これで熱さに冷静さも加われば、武居選手の将来ライバルに浮上できるかもですね。

小宮山選手と郷州選手は、決定打がハイキック以外見えないアウトボクサーと、ガシガシ前に出るファイターなので、トイレに行ってて余り見てません。

過去にK-1以外の選手でやるトーナメントで優勝してる小宮山選手が自力で勝ると思ってたので、結果通りでした。

小宮山選手の判定勝ち。

左右田選手と松花?

松花も、前の興行に出た松岡ってのも、松って名前の選手は、無言でジムをバックれ辞めして、シレッとK-1出ちゃう傾向が有るから怖い。

出すK-1にも問題有るけど、選手に、見たい未来を見せられない団体にもまた、問題は有ると思うかな。

狭い日本で、行けない場所作るって、俺も経験あるから解るけど、愚かだよね。

それで、負けちゃうと、結局前のキャリアを棒に振った事になって、本当に終わりなんだと思う。

左右田選手は、技術レベルはかなり高い確実に勝つ選手だから、予想通りだけど、マスクの茶番劇、凄くつまらないって思うの、俺だけで、意外に盛り上がってんのかな?

ディフェンスレベル高いから、物凄い強打の選手か、物凄い手数の選手とやった時に、面白くなりそうだけど。

左右田選手の判定勝ち。

安保選手って、二段蹴りと言い、飛び膝と言い、遠距離の技も多彩だし、近距離でも強い左フックを持ってて、今見てて1番面白い選手だと思います。

二段蹴りでやられた選手は、ルキヤ選手が活躍する限り、永遠に煽り動画で使われるんで、たまったもんじゃ無いですけどね(T ^ T)

ルキヤ選手、漢字で書けません…

練習では無敵の選手が試合ではイマイチって、よく聞きますが、結局試合で出るものが実力なんで、練習無敵は関係無いかなと。

なので、予想通りでしたが、地力有るというだけに、尻上がりに良くはなっていましたね。

そろそろ、ベルトに相応しい選手に、ルキヤ選手はなってきたのかなって思いました。

ルキヤ選手の判定勝ち。

村越選手と、卜部兄選手、卜部選手は、階級変更して成功したケースかもしれませんが、ちょと筋肉付け過ぎなのか、ガードの脇や真ん中が、開く事が多く感じます=パンチも当たり易いのかなと。

卜部選手は元は空手系なので、パンチでは無く、足技が武器の選手だと思っているのですが、足技の方が、パンチに比べて、警戒されると当たり難くなって来るので、決して打たれ強い選手では無いので、そろそろ厳しいかなと思いました。

判定を待つ時、手を上げてましたが…
それは無いだろと思いました。
それ位勝ちたかったのかなと。

村越選手は、ワンマッチの方が強さを更に見せれる選手だと思うので、これから長期政権を築くかも。

村越選手の判定勝ち。

久保選手と城戸選手の試合は、一般的な目線では、つまらなかったですね。
煽り映像は好きですけど。

物凄い身体能力とガラスの顎の城戸選手と、淡々と無難に無理せず試合する久保選手。

城戸選手に、挑戦者としての攻める姿勢が有るのかなって思いました。

最後は久保選手が勝ちましたが、え?
って顔をした城戸選手、元々手数有る選手では有りませんでしたが、階級を下げてから、更にかなり手数が減った気がするのは、私だけでしょうか?

元はMAのミドル級の王者ですし、70キロでも体格大きな方だっただけに、ウェルター級はソロソロ減量が限界なのでは?

アラゾフも他で試合してて、今後来なそうなんで、また70キロでやれば良いのにと、大きなお世話発言させて頂きます。

久保選手の判定勝ち。

武井選手は、色んな練習した選手からも聞きますね。
物凄いハードパンチャーだと。

本当に物凄いパンチ力だと。
それが、あのKO量産なんですね。

倒しっぷりも、物凄いですし、イケイケキャラでは無いのも、良いですね(^。^)

この階級での倒しっぷり。
ちょっと怪物化してきたと思いました。

武井選手のKO勝ち。

そして元祖怪物、野入選手と日本人には高い壁のピケオー。

試合は殆ど頭を付けた状態での、キックボクシングでは絶対に無いのは勿論、K-1でも珍しい、見た事の無いパターンの試合になりましたね。

その中で、前回極ショートの右フックでダウンとってる野入選手ですが、ピケオーもガードが固かったです。

高身長で身体能力が高く、反応も良いピケオーには、飛び膝等は通用しないと思ってましたが、やはり出しませんでしたね。

野入選手も、過去に失神KO負けが有るので、打たれ弱さは絶対に有る筈なので、ラフな試合はダウンリスクの回避の為にも、選べないなかなと。

そうなると、スピード差を活かせないので、ピケオーは元は70キロ、下から上げて来た野入選手とでは、パワー差が出てしまいましたね。

若干押し切ったピケオーの勝ちでしたが、もっと離れた蹴りの出る距離での本来のK-1らしい試合で、もう一度このカードは見たいと思いました。

ピケオー選手の判定勝ち。

芦澤選手は、絶滅危惧種のヤンキー丸出しですが、その感じ、嫌いじゃないです(^。^)

ただ、前回のKO負けから、試合するのは早過ぎたと思います。

日本人離れした手足の長さも、外国人にとっては、さほど珍しくも無いのでは。

当たったら簡単に倒れちゃうのでは?
と思ってましたが、その通りに。

ちょっと蓄積してるので、スタイルチェンジしないと、同じ結果が続きそうですね…

バレラ選手のKO勝ち。

女子の試合は苦手なので、殆ど見てませんm(_ _)m

和島選手と木村選手は、年末に和島選手と飯の席で会った時に、かなりでかいなと。

180センチだけに、今回の68キロはかなりきつかったのかなと。

入場で客にリアクションする余裕見せてましたが、試合始まって直ぐに、あえなく秒殺されてしまいました。

これもよく書くのと同じで、階級は下げて成功するパターンは少なく、上げた方がスピード差が有るので強くなれると思っています。

かなり減量キツいと思いましたが、やはり最初のボディーブローが効いてしまって、あっという間にフィニッシュされてしまいましたね。

木村選手の瞬発力、攻撃力は、本当にズバ抜けていますね。

あの瞬発力での攻撃は、それだけでお金取れると思います。

前はよくボディーで倒れていましたが、最近は身体に心も付いて来たみたいで、今後も楽しませてくれそうですね。

同じ階級に、同じジムで王者がいるので、クラッシュの無敵の王者になるなかなと。

皇司選手、武尊選手との激闘で耐えまくって壊れたのでは?
と、思いましたが、大丈夫でしたね。
フィニッシュするタイプでは無く、しっかり競り勝つタイプなので、今回の相手は、さほどのレベルでは無かったので、K-1から愛されてる感有りますし、前回の試合でそれをみせたので、ご褒美試合でしたね。

皇司選手の判定勝ち。

ただ、私この階級では、密かにレオナ・ペタスが、日本最強と見てるので、是非ともやって欲しいですね。

その勝者が武尊選手とやれば、また盛り上がるのかなと。

その武尊選手ですが、最強の敵との触れ込みだった、ヨッキサダー選手。

KO負け無しとの事なのですが、聞くとタイでは膝の選手との事なので、K-1はキックボクシングと言うより、ボクシングキックなだけに、もしかしたら、対応する前に、パンチで持ってかれてしまうのでは?
と思いましたが、その通りの結果に…

それでも、ラジャダムナンの、KO負け経験の無い王者を、パンチで完全KOした武尊選手は凄いと思います。

キャリア有るタイ人でも、緊張するんだなって思いました。

ワイクーで身体ほぐせない分、大会場であの歓声、緊張しているところに、経験した事の無い高いボクシング技術での、しかもハードパンチ。

ムエタイでは、連打は首相撲で絡み取るんですが、それができない場合の、脚を使ったりのすべが全く無かったのが、逆に長年染み付いた技術なのか。

それでも歴史的な勝利だと思います。

昔、魔裟斗も同階級のラジャダムナン王者を、パンチでKOしてますからね。

判定決着が多い中、メインで締まった感は有りました。

そうやって壁をこじ開けると、頑張ればできるかもしれないって期待が生まれます。

その期待と、自分への期待が相まって相乗効果できる選手が、こうやって快挙を達成するんでしょうね。

会場の年齢層も若く、雰囲気も違って、自分は知らない時代の、格闘技だなって感じました。

何も同じ日に、RIZEやらなくても(^。^)

て言うか時間長過ぎるよ(^。^)
レフリーも解説席も大変でしょ!

そんな感じの、K-1観戦記でした。

# by realdevilman | 2019-03-13 13:20 | 後尾 格闘技 プチ変態
帰還した下田特攻隊員の口から出た言葉は、衝撃でした。



対戦相手は彼女です…



私は試合前は必ず、一定期間の禁欲をしています。

それを破った事は1度だけ。

プロで初めて負けました…

試合迄、1週間切っての挙行でした_:(´ཀ`」 ∠):

その教訓は、今も胸に深く刻まれています!

それ以来、試合前は修行僧になる事を決めています。

そんな長い?
禁欲を超えての韓国最後の夜。

イメージとしてはバッターボックスに入る前に、グルングルンとバットを回している感じでしょうか。

しかし、その時の私は何故かバットを全くグルングルンとできませんでした。

心情を野球でイメージすると、送りバントの構えで、尚且つボールで、バットを引いてウエイティングした感じでしょうか。

韓国厳し〜い!!!

その惨事を語らせて下さい。



何かの間違いかもしれない!

下田特攻隊員は、韓国語は全くできません。

それに比べて私は、韓国語で、
「有り難う」
と、
「もしもし」
の、2つを使いこなす事ができます!!!

それは、セキセイインコと、ボタンインコ位の差が有ります!!!

そんな筈はねえ!

俺達、大日本帝国特攻隊員を、こんなババア率いるチームが相手にするなんて、有りえねー!

ババア越しに奥の部屋を覗くと…



人の気配は全くしません…



ちょっと待てと。

俺達はタッグチームだ。

1人だけ戦うなんて事はできねえ。



て言うか、俺ら韓国に介護しに来た訳じゃねぇし!!!



するとババアから更に衝撃の一言が。

最初に彼と行って、その後貴方と行くから。





俺達を丼ぶりにするのか?!?




その日の夜は、韓国の屋台を楽しみました

て言うか、私はダウンしているので、ジュースだけでしたがm(._.)m

切れた口で飲むセブンアップ、美味しかった_:(´ཀ`」 ∠):

実り無き、韓国3度目でした。

悔しいから、ギャラ半分で良いから、また呼んでくれねぇかな…

と言うか、改めて1度は、ちゃんとした韓国旅行を、してみたいなと思いました。

韓国の女性は本当に綺麗でしたが、それは私の目に綺麗な人しか入っていなかったからなのかなと(^。^)

人生何事も経験!

素敵な経験が、また成長させてくれました。



脳のダメージも(^。^)

# by realdevilman | 2019-01-25 10:26 | 後尾 格闘技 プチ変態
f0010112_15552171.jpg

物語の初めに。

これは美容院では無いのです…

先月、韓国に狩りをしに行く予定が、予定が狂い、狩られてしまった私ですが、日本人男性全てが旅の際に掲げる目標。

それは…



「旅先を良く知りたいなら、その旅先の女を抱け」



その使命に、命を賭して動かなければ、日本はこのままでは駄目になるとの憂いから、夜の街を、同行して貰った下田先生と、徘徊してみました。

かなり徘徊してみました😁

ローキックは全てカットしましたが、90キロ級のものすごい衝撃のお陰で、ボロボロの脛で( ^ω^ )

なんと言っても、田舎の百姓出身の私には、韓国のネオンはとてもとても眩しくて眩しくて。

何が何だか解らない事ばかり。

変な呼び込みが近付いて来て、ソープランドソープランドと、子守唄を聞かせてくれましたが、勘違いしないでくれと。

我々は韓国に遊びに来たんじゃないんです!

しかし、私のシーザージム時代の先輩にして、接骨院で神技を使いこなす下田先生は、試合では無かった為、韓国に来るまで練習だけしてた私とは違い、しっかりと私の代わりに韓国の社会についても勉強してくれていた為、知識が違いました!

クルクル回ってるんだよと(^。^) 

上の写真の物です。

床屋?
美容院?

らしき物が回っている店は、意外に楽しいと!

我々格闘家は、人生の冒険者です。

見知らぬ珍しい物を見たら、例えそれが危険かもしれなくても、確認しなくてはいけません。

あえて一歩、踏み出す勇気が必要なんです!

しかし、そこは引っ込み思案の私に気遣って、先ずは下田特攻隊員が1人で看板の回っている店の、階段の下に有る入口に特効して行きました。

すると、店の中から、50歳はゆうに過ぎた、オバちゃん、いやおばあちゃんと言っても過言では無い、オーナーらしき女性が現れました。

そして、下田特攻隊員と少し会話をしていますが、下田先生が困った顔で半分笑いながら話しています。

そして、下田特攻隊員は、笑いながら戻って来ました。

何なのその笑いは?!?

衝撃の結末は、また後日❤️

# by realdevilman | 2019-01-23 15:55 | 後尾 格闘技 プチ変態
今朝(大晦日)迄は大阪いたんですが、それはまた次回書くとして、実は24日迄の3日あいだ、韓国の釜山に行っておりました。

韓国はこれで3度目なのですが、1度目は親に騙されて少年の船に乗せられ、毎日船上で1時間以上正座させられ、台風なのに船酔いして吐いたのは根性が無いからだと、船長のピンクバカ井脇ノブ子にビンタされ、本気で殺してやろうと思った中学2年生(^。^)

2回目は、テコンドー修行で、韓国の電機メーカーのサムソンの、何処にも出られない山の上のビルにいきなり連れて行かれ、テコンドー選手の回転技の物凄さに、かなり格闘技カルチャーショックを受けた、18年前。

そして今回!

90キロの選手を探している連絡を受けたのですが、思い当たる選手数人、全て予定有った中で、私が肥えて90キロオーバーしていた事も有り、これも何かの縁と思い、じゃあ俺がやると(^。^)

5月に、何年振り?
昔はベストだったミドル級迄落とそうとして、1.2キロオーバーの大失態を犯してしまい、相手側から試合しないと言われて、当日失格になって以来、試合自体は1年半振り?
韓国でちょっと戦って来ました。

と言っても試合に関しては未だに良い歳して、喧嘩だと思ってやってるので、程良い緊張感が漂いました(^。^)

昔からずっと気になっていた事が有ったんです。

ヘビー級ってどれくらい、攻撃力が凄いんだろって。

今回、90キロの選手を探しているとの事だったんですが、探しても人がいなかった所で、ベストの体重よりかなり重かったけど、丁度俺が太ってたので(^。^)

練習はずっと続けてたんで、人生1回だけと思い、思い切って挑戦してみました。

約束していた相手選手の計量を見せて貰えなかったり、リングでは無くケージファイトだったり、ルールがK−1ルールだったり、ラウンド数が聞いたラウンド数と違ったり、インターバルの時間が違ったり、グローブが大きかったり、最初にカマそうと思いずっと飛び膝練習してたのに、顔への膝蹴り自体が禁止だったり、入場曲がかけれなかったりと、ちょっとキックボクシングの公式戦とは言えない内容でしたが、でも人生においては物凄く貴重な体験をさせて貰いました。

人生何事も、やらないでグダグダ言うよりは、直接自分でやってみた方が絶対に面白い!

そう思ってずっと生きて来たのですが、今回も間違いでは有りませんでした(^。^)

ただ、90キロの攻撃力は、想像を絶するもので(^。^)

ケージの金網の硬さが、想像を絶するもので(^。^)

K−1ルールの前蹴りの捌き方が、キックボクシングを長らくやってると、足を取っちゃおうとするで、対応できなくなっているもので(^。^)

その全てが初体験でしたが、貴重な人生の財産になりました!

相手の攻撃で吹っ飛ばされて、金網に後頭部打ってダウンするとは思いませんでした(^。^)

何で倒れたのか解らなかったので、その前に喰らった攻撃が飛び後ろ回しなのは解ってたので、それを顔に喰らったのかなと思ってましたが、吹っ飛ばされて金網に頭打ってたのを見て、動画撮るって大切なんだなって解りました。

90キロナメてました(^。^)

2度と俺がやるなんて、デカい口叩かないです。

でも、1Rに2回ダウンした所から、何とか踏ん張って最終ラウンド迄、前に出れたのは、自分の人生の宝物になったと思います。

今後絡むかは解りませんが、運営側に望む事は、客がとても少なくて寂しかったので、もう少し集客力を上げる事と、せめて入場曲位はかけさせてくれる事、試合後のドクターチェックも無かったので、その辺の安全性を高めていって欲しいなと思いました。

旅行したらその土地の女を抱けと皆言いますが、今回は残念ながらその機会にも恵まれず(^。^)

そんな韓国旅の、普通に書いた辺でしたm(._.)m

次回は、韓国アナザーワールド編、そして、年末の糞忙しい時期なのに大阪に行った編に、続くとか続かないとかm(._.)m

明日は国をあげて、国旗まで掲げての、私の生誕祭です!
クリスマスにサンタさんに、ウイニングの10オンスマジックテープ付きパンチグローブをお願いしましたが、日本がフィンランドと国交を絶っているらしく、何故か届きませんでした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ウイニング高いからね…
ウイニングじゃなくても良いからと言っておけば良かったm(_ _)m

誕生日プレゼントは1月中は随時お待ちしています(^。^)

また歳とんのかよ・・・
皆様、良いお年を!!!

# by realdevilman | 2018-12-31 07:06 | 後尾 格闘技 プチ変態
問題提起って訳じゃ無いけどさ。

友達って何だろ?
って思わせられる出来事について、ずっとずっと言ってやろう解らせてやろうと思っていた、馬鹿な後輩がいたんだけどさ。



最近死にやがってね。



その後輩は、必ずウザさが先立つ奴だったんだけどさ。

ソイツは本当に何言っても全く解らないし、と言っても何度も言ったんだけど、最後迄諭せなかった。

真性馬鹿だった。

ふと思ったのは、そんな考えの奴等が、今の世の中って一杯なのかなって。

その死んだ後輩ね。
本当に馬鹿な奴で、意味も無くオラつく奴でね。

頭の中は中学生から進歩してなくて。

キックの会場で、火薬鉄砲パンパン鳴らしてたり、全く関係者でも無い、一観客なのに、勝手に控え室に入って来たりして写真撮ったりね。

試合前の選手の円陣に勝手に加わろうとして、追い払われた事も。

しかも大体酔っ払っててね。

見た目はモロ893みたいだから、皆ビビって、許しちゃってたんだよね。

実は凄え弱くて、それでやられて金取るのを生業みたいにしてるフシも有ったんだけどさ。

で、格闘家と写真撮ってはFacebookにあげてたんだよね。

格闘技好きだったんだとは思うんだよね。

でもね、そんな輩だから、誰もプライベートでは相手にしなくてね。

実は、俺の小学校の後輩で、弟の同級生でも有ったんだよね。

で、俺を見掛けると、庵谷君!
庵谷君!
て。

ただね。
先ずここが間違ってるんだけどさ。

君付けで先輩呼ぶのって、間違ってるんだよね!

まあ、小学生から知ってるから良いけど(╹◡╹)

小学生って歳上をさん付けで呼ばないからね(^ν^)

ただ、俺の事を君付けで呼ぶ歳下って、この地球上に、10人いないんだよね(°▽°)

話は逸れたけど、そんな馬鹿だから、友達も全くいなくて、何時も1人なんで、1度言ったんだよね。

お前そんな態度、そんな生き方ばしてっから、友達いねえんだよって。

それ言ったらさ。



何言ってんすか!
俺は友達沢山いますよ!
何々選手も、何々選手も、俺がFacebook書くと、毎回いいね押してくれますから。
って。



おいおい…

勘違いしてんだよね…

でも、そんな勘違いしてる奴が、この世の中に沢山いそうで怖いけどさ…

FacebookやSNSだけで、繋がって、直接会った事も無いのなんて、友達じゃねえよ!って。

イイねだって、本当に軽く押す人もいれば、俺なんかみたいに、少しでも思ったら押すけど、逆に思わなかったら絶対押さないっ人といると思う。

そんな、Facebookだけの繋がりは、友達じゃ無くて、ただネットで絡んだだけで、友達じゃ無くて
知り合い。

細かく言えば、ネット上だけの知り合い。

そんなの絶対に、友達じゃねえよって。

じゃあ友達って何だよ?ってさ。

友って字はさ。



四画…



何も素敵な言葉や格好良い言葉思い付きませんでしたm(._.)m

たださ。

そんなネットだけの繋がりでさ。

人の何が解るんだって。

人の大切な芯の部分は、ソイツと直接触れ合わなきゃ、解らねえよって。

目の前で相手の表情見て話して、初めて伝わるものだって、思うんだよね。

それをさ。
恥ずかしいとか面倒臭いとか緊張するとか、訳解らない理由で飛ばして付き合ってる人間が増えてるこの時代。

怖いよね。

その後輩はさ。
酒とか、身体に悪いものが大好きでさ。

俺は本人から直接聞いてたけど、Facebookにも、肝臓悪くして入院した云々をよくあげてたんだよね。

同情欲しかったと思うんだけどさ。
それに、大丈夫?
とか、お大事に!
とか書いてる馬鹿を見ててさ。

イヤイヤ、自分で酒飲み過ぎて身体壊して医者から酒止められてるのに、無視して呑んでんだから、完全自己責任でしょって。

1ミリも同情する余地はねえよって。

ソリャ毎日酒飲んで悪い遊びもすればさ 。
肝臓も壊すって。

後は喧嘩して怪我したとか。

喧嘩は物凄く弱いんだけど、殴られて金取るのを生業にしてた感も有ったんだよね。

で、会うと呑んでる。

もう完全に自殺だよね。

最後は家で死んでるの見つかったけど、死後2週間位だっけかな?

結構経っちゃってて。

多分腐ってたよね…

哀れ通り越して、本当に可哀想だと思ったよ。

アイツが友達だって言ってたネット繋がりの人達はさ。

何人、最後のお別れになる葬式に来るんだろうね。

来ない奴は少なくとも、友達じゃないよね。

絶対に!!!

遠いとか、用事が有るとか。

そんな理由作って来ないんだろうけどさ。

人との最後のお別れより、大切な用事が有るんだったら、教えて欲しいね。

俺?

行ければ行くよ(*'ω'*)

ネット繋がりが過大化した、今の世の中。

ハッキリ言いたいね。

ネットでどんなに繋がってもさ。

直接会って、その人間の口から、表情を見ながら直接出た言葉で話した事が無いなら、それは友達じゃない。

ネットで知り合った遠い知人だなって。

遠い知人と、他人には、大差は無いと思う。

可哀想な奴だったなって。

ネットで知り合ったからって、勘違いしちゃいけないって話と、馬鹿は死ななきゃ治らないって話でしたm(._.)m

ほんの少しでも、人の話に耳を傾ける姿勢が有ればって思うと、残念だし、死ねばヤッパリ可哀想だよね。、

アーメン

# by realdevilman | 2018-11-03 08:56 | 後尾 格闘技 プチ変態
久し振りに書かせて頂きます。

拳四朗選手は、距離感、特にバックステップが絶妙ですよね。

相手が出た分スッと下がって、攻撃を身体に当てさせない。

自分のジャブをしっかりと当てて、リターンを当てさせない事が殆どでしたね。

今回は相手がパンチ有るので、特にディフェンスを強く意識してましたね。

相手のメリンドが屈んでボディーか顔かどっちかで、ボディーを打っている時も、上の可能性も考慮して顔を振って逃す動きをしてた辺り、集中力の高さが凄かったです。

試合終わる前のラウンド辺りから、相手選手から諦めムードが出る程の、圧倒的な勝利でした。

出血のドクターチェックは、傷だけで無く、その時の選手のヤル気も見ると思うんです。

1度目のドクターチェックでストップでしたから、顔に闘気が既に無かったのかなと。

ドクターストップの時に、ドクターに抗議する選手は多く見ますが、その気配が全く無かったのが証拠かなと。

ロマチェンコの様な自分が攻撃して、相手選手のリターンをサイド回ってかわし、更にその攻撃にリターンするのを、拳四朗選手はサイドでは無く、縦のステップインアウトでやっているのが凄いな〜と。

暫く敵は、コンディションだけな気がします。

そして、毎回毎回書いてますが、ライトフライ級の拳四朗選手のお父さんは、元東洋太平洋ライトヘビー級王者。



お母さん小さいんだろうなと(^。^)



井上選手の現役を、デビューから観れるのは、ボクシングファンとして、最高に幸せだと思えます。

余りの強さに、もう漫画みたいで、笑っちゃいましたね(^。^)

相手のパヤノ選手は、正直トーナメント出場選手の中では1番の安パイだと思ってましたが、もう相手は関係無いなと。

テレビで人が失神する姿って中々見れないですからね。

本当に恐ろしい選手だと思います^_^

代わりに最近注目してるのは、井上選手は茶髪になっちゃいましたが真面目そうなのですが、お父さんは絶対に元ヤンだと思うので、今回も、井上選手がKOしてコーナーに登っている時に、セコンドとして勝ちに喜びながらリングインして井上選手に近付いて行く時の、気合い入り過ぎたヤンキー歩き(^。^)

もう、勝利は最初から確定してる感が有るので、その辺に注目してます(^。^)

井上選手は、間違い無く日本ボクシング史上最強の選手だと思うので、その道筋を見れるのは、ボクシングファンとしては堪らないですね。

そんな久し振りの、ボクシングテレビ観戦記でしたm(._.)m

# by realdevilman | 2018-10-08 08:44 | 後尾 格闘技 プチ変態
2週間前の話ですが、小学生の時以来の、神輿担ぎに参加させて頂きました。

アップ遅いのは、書いて忘れると言う素敵な癖で(^。^)

夜ブログアップとか、久しぶりです^_^

参加したのは地元荻窪の隣り駅、阿佐ヶ谷の祭りでしたが、自分の思っていた内容と、全く違うものでした。

先ずは阿佐ヶ谷の祭りが予想外に大きかった事。

駅前に神輿が入る時なんかは、大騒ぎ。

神輿も何台いたのだろうか?

日本では騒ぐ事は悪的なものを感じますが、祭りに感しては真逆。

騒いでナンボのノリが、私には非常に心地良く感じました。

まだまだ日本人も捨てたもんじゃねえなと(^_^)

ただ一つ、物凄く大きな問題が有りました・・・

神輿は皆で担ぐものながら、日本人男性の平均身長は170位。

私の身長は約180センチ。

担ぐ時に膝を曲げないと入れないんで、長時間担ぐ事が体勢が保てない!

肩がかなり痛かった!

でもね。

病院に見舞い的に行って外で囃したり、何かね〜。

色んなお店が無償で食べ物飲み物を大量に提供したり、本当に今の日本に失われてる気がする、粋な気持ちを見る事ができて、凄く良かった。



本当に粋なんだよね。



そして、1〜2時間だと思ってたんだけど、あんな重い神輿を、実は1日中担ぐのね!

そこには損得なんて存在しなくて、ただただ担ぐのね。

でかい声出して、周りを一緒に盛り上げて、囃し立てるのね。

そう言うのが、今の日本にもまだまだ有る事が嬉しく感じました!

でも、想像以上にしんどかった!

神輿担ぐ人って凄いね!

でも、毎年のイベントにしても良いかなとは思ったけど。

春終わりに大きな失敗して、ジムからも離れたり、その時に大きな怪我もしてたり。

リハビリ生活も、ウンザリしてたんですよね。

でも、何か腐ってるのが馬鹿らしくなりました(^。^)

何か色々と祓われたのかなって^_^

来年も担ぎ…

いや本当に、体力いるのよね、神輿って!!!

そんな感じで、久々に日本を感じた週末でした。

日本最高!



# by realdevilman | 2018-09-27 20:51 | 後尾 格闘技 プチ変態
長文失礼します✌︎('ω')✌︎

今年の夏は、本当に暑いですね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

実は5月末に、密かに?
危険刺激中毒の私、今年の夏に向けて身体の締まりとキレを取り戻すノリも含めて、年単位で間隔が空いてるにもかかわらず、又々懲りずに試合しようとしまして。

既に、とっくに選手として上は見ていませんでしたが、横を見ると余りにもだだっ広い世界に、流石に飽きてしまって。

たまに暴れてガス抜きしないと、身体と心に要らないものがドンドン溜まっちゃうんですよね…

今の歳取った自分が、どれくらいの戦闘能力が有るか知りたかったのも??

アンダーグラウンドな所だと、既に刺激不足になっていたので、所謂メジャー団体?
のミドル級王座挑戦者決定トーナメントに参加させて頂きました。



ですが…



減量期間は3ヶ月と、試合前としては過去最長とりましたが、加齢による代謝不足を計算できず、ですが他に方法を知らないので過去にやってきたやり方で減量した結果、1.2キロ計量オーバーをしてしまいました。

昔は大抵、減量期間は1ヶ月と定めていました。

心身共に耐えられるのが、それ位かなと。

しかし今回は、まともに試合できるコンデションはもう年齢的にも造れなくなるだろうと思い、気合いを入れて過去最長の3ヶ月間と言う期間を設けていた事で、逆に余計な安心感が有りました。

実は今回、正月太りからそのまま肥え続けていたのですが、逆に!

自分は何処まで太れるのか?

何処まで大きくなれるのか?

そんなアホな挑戦をしまして…

結果として…



人生最重量の、105キロ迄、増えまして…



そこからリミット迄は丁度33キロ。

近年の試合では、落としてもスーパーミドル級迄でした。

それでも減量には相当に苦労していました。

スーパーミドル級でやる為に、ウエイトトレーニングでかなり筋肉付けていたので。



でもスーパーミドル級って、日本には誰もいないんですよね…



それともう一つ。

どうしてもこの団体で勝ちたくて。

1度しか出ていなかったのですが、KO負けしていました。

その時はミドル級では無く、今回より更に下の70キロ契約だったのですが、何とか計量パスはしたものの、過度の減量で内臓に負担かけ過ぎてしまった様で、計量後の食事3回、全て吐き戻してしまい、試合も散々の結果でした。

ウェルター級で猛烈に減量に苦しんでいた頃、ベスト体重でも有り、K-1MAXも有った70キロなのですが、試合していない中、続けていたウエイトトレーニングも災いし、身体の巨大化が進んでいました。

ですので、今回のミドル級は、70キロからプラス2.5キロ、そして勝手に団体へのリベンジ、年齢的にも厳しいだろうから最後かな?的な意味合いだったのですが…

そんな気持ちと身体が、合致しませんでした。

1カ月11キロなら、落とせるとだろうって甘い考えでした。

計量前日、5キロちょっとオーバーから、距離にして20キロ程走った時点で、太腿の裏の付け根のところには既に痛みが常に有ったのですが、それが強く出て、何か更にブチブチっとなりまして…

丁度、ファスティング最終3日目だったのですが、身体の中の栄養が全て無くなると、身体は動く為に筋肉を栄養にしようと破壊してしまうのかなと…

その後も走りましたが、体力が底をついてしまい、体重が残り4キロと言う所で、近所のサウナに入りましたが、水抜きするつもりが、既に身体に水分が無かったのか、直ぐに全く汗が出なくなってしまい、結果的に5時間程サウナには入っていましたが、全く減らず…

サウナ店終了間際の深夜0時前、何とか残り1.8キロと言う所まできましたが、そこが限界でした。

若い頃なら、そこから代謝と計量場への移動消費で、リミットに届くのですが、40半ばの男に、そんな代謝は有りませんでした。

結果、計量1.2キロオーバーでした。

ミドル級の挑戦者決定トーナメントで有り、ミドル級の体重を造れない時点でトーナメントは失格。

相手選手側から、体重オーバーなら試合しないと言う当然のリアクションを受け、長い選手生活で初めて、不戦敗と言うとんでもない恥、不義理、迷惑、失態を晒してしまいました。

終わったなと。

何年も前にとっくに終わってはいたんですが、気持ちとは別に、何かこう、終わったなと。

練習させて頂いていたジムも、この結果を踏まえて離れる事になりました。

ただ、造った身体と、貯めた闘争心。

チ●コで言えば前戯を終えて、ビンビンになった所で、ぶち込む場所を無くしてしまった様な…

こんなモヤモヤ感は、人生初めてでしたが、相手選手はそれ以上だったかと…

本当に最悪な事をしてしまいました。

そして気付けば同じ時期に、15年以上続けてきたホームページが、ブログを残して、サイト諸共終了していたと言う始末。

何か本当に全て終わった感が凄いです。

人の意見は基本的に聞かないタイプですが、今回の件でキック仲間からは、もうリングに上がっちゃ駄目だと。

人の意見は基本的に聞かないタイプですが、今回の件で同級生、ずっと応援してくれてきた人達からは、絶対このまま終わっちゃ駄目だと。

どっちの意見も有り難いです。

まあ、俺の人生ですから、俺が全て決めます✌︎

どうやら、腿と言うかケツの筋肉は、酷く肉離れしてしまっている様で、まだ動くだけで、結構な痛みを感じます。

走れない位です。

て言うか座ってるだけで、結構痛い感じです。

その痛みのリアクションで、会社では私が、痔なのでは?
そんな疑惑が、密かに上がってしまっています。

そんな情け無い男と、同い年の男達が今日、リングに忘れ物の精算なのか数名上がります。

コッソリ見守ろうと思っています。

その勇姿を見て、冷え切った自分の心が少しは温まるのか、楽しみです。

計量を守れない奴は、本当に糞野郎だと思います。

そんな、糞野郎になった私の、戯事でした。

心を入れ直す為に、仁義を重んずる様な道場に通おうかなと、マジで思ってます。

恥ずかしい限りです。
# by realdevilman | 2018-07-29 07:41 | 後尾 格闘技 プチ変態
走っていて、鼻水が耳に入ると言う、伝説を造りました。

おはようございます。

ロイター板です。

?!?
とお思い方々。

私を踏むと高く飛べるって意味です^_^

この時期、兎に角よく鼻をかみます。

私、実は3回程、スパーリングや試合で鼓膜を破られておりまして、その影響でしょうか?

鼻をかみ過ぎると、非常に耳の調子がおかしくなります。

鼻自体、確認できているだけで、5回は折っているので、多分通りは…



意外に良いんです(^。^)



よく見るとS字に曲がってしまっているのですが、上と真ん中が曲がってるのかな…

でも、そんなに不自由した事はありませんのよ??

何か上手く左右に折れた様で!

鼓膜も大丈夫ですなのですが、やはり3回も破られていると、若干おかしな気がします。

空気が稀に漏れる感?!?

この鼓膜を破ってくれた人達3人。

破ったその後に、腐るほどいますがキックボクシングの世界王者と!

ボクシングの日本王者と!

有名総合団体の世界王者になっています!





俺の鼓膜破ると、上に行けるぞ(^。^)





3競技コンプリートしてるなと^_^

俺の鼓膜破ったの誰だっけ?
と思い返してみて、思い出した次第です^_^

昔、ジムにいた⭐️が、花粉症で苦しんでいるのを見ていて、本当に辛そうだなと思っていたら、
「庵谷君も必ずなるよ」
って言われて、
「いや!絶対にならない自信が有る!」
と、断言していましたが、3年前から突然始まったこの悪夢…



辛いね^_^




花粉症、誰の身にも起こり得るこの悪夢。

早くAIDSと共に、完全回復薬ができる事を心から望みつつ、朝の日課になりつつ有る、近所の公園を走って来ようかなと思っています(^。^)





杉の森の...





世の中は上手く回らないから、皆頑張るの^_^
# by realdevilman | 2018-04-03 08:33 | 後尾 格闘技 プチ変態
ダニエル・ローマンと松本選手の、世界タイトルマッチを、録画していたけどずっと見れなかったけど、やっと見ました。

何となく獲っちゃうかなと思ってましたが、何となく取れなかった感じでした。

パンチ力だけは、選手としても世界最強だと思える井上選手を凌ぐと言われる、松本選手。

他の技術レベルも高いとは思いましたが、世界レベルには届いていなかったですね。

試合は珍しく?
後楽園ホールでの世界戦。

先ず、井上選手は殆ど打たれないのに、松本選手は結構打たれますね。

先に当てて倒して来たのと、打たれ強いんでしょうから、このファイトスタイルが構築されたんでしょうが、世界レベルでは通用しませんでしたね。

王者は抜けてはいませんが、安定して強い感じで。

王者は打たれても上手くサークリングして、直ぐに強打で打ち返すのは絶妙に誤魔化しが上手いと思いました。

ダメージの読み取りって、本能と経験➕セコンドの指示の信頼だと思うんです。

後は、何て言えば良いのか解らないですけど、リズムと言うか空気の歪みって言うのかな…

何か、明らかに一瞬リズムと言うか空気感が変わる瞬間が有るんですよね。

人間は犬歯が有るので、獣だった筈。
その名残りはある訳で。

その時いけば倒せるって瞬間が本能的に解る瞬間て、有ると思うんです。

どのタイミングで噛み付けば殺せるか。

それって最終的には、勘だと思うんですよね。

その瞬間を感じ取れるかって。

1発が有るだけじゃなくて、その勘が優れてる選手が、KOファイターになれると思います。

後は獰猛な事(^。^)
極めてサディスティックな事(^。^)

その部分が、世界レベルでは欠けてる様に見えました。

詰める時って、感触だと思うんです。

あ、この感触で良い場所に当たったなら、効いてるから行って良し、って感じでしょうか?

ソコに過去の経験が加算されて自信となり、格好良い言い方をすると、自分の拳を信じられる様になると言うんでしょうか?

俺の拳にこの感触なら、アソコに当たったならGOできるって。





アソコってカタカナで書くとエロくないですか(^。^)





失礼しました。

最終ラウンド、前に出ていたのが、ポイントで勝っている王者だったのが、1番残念でしたね。

世界を取るには、まだまだ経験も実力も必要だとおもうので、ワキ(漢字変換できなくて)選手とかと、挑戦者決定戦とかしたら、面白いのになと。

そんな簡単な観戦記でした。

今年も夏に腹筋に会う為に、挑戦始めました。

色々と挑戦して、浜辺でマッチョなおじさん目指します。

そんな、プチ変態な私を、今後とも宜しくお願い致します。

# by realdevilman | 2018-03-12 12:43 | 後尾 格闘技 プチ変態
ここの所、色々な試合、見てはいましたが、全く書いていませんでしたねm(_ _)m

と言う事で、書きたいと思います。

山中選手、前回は早めのストップでTKO負けでしたが、私はあのストップで良かったと思っていました。

確かによく見ると、反撃できていなかったですが、クリーンヒットは少なかったかなと。
しかし、ここ数戦の山中選手は、倒して来たから良い様なものの、リボリオ・ソリス戦、アルセルモ・モレノ戦と、どちらも自分もダウンを繰り返していました。

その辺りから、かなり摩耗して来てるな〜と思ってました。

それは、練習を常に見ているセコンドのコーチ達は、より一層感じていたのではないでしょうか?

人間は消耗、摩耗します。

具志堅さんの日本記録の世界王座防衛数辺りが、日本人がハードな世界戦を続けて勝ち続けられる、身体の摩耗度の限界なのかなと思いました。

今回の最初のダウンも、相打ちとは言え、ジャブでしたし。

アレを見た時点で、あ〜駄目だな今回も。
そう思いました。

その後も、普通のジャブを受けてのダウンも有りましたし。

誰もが納得いく形で、リングを降りれる訳じゃ無いと思います。

殆どの人が、夢破れて、悔しさと悲しさに塗れて、リングを去るのだと。

負けた後、あ〜すれば良かった。
こうすれば勝てたんじゃないか?

そう思う事は有ると思います。

でも、できなかったなら負けた訳で。

できないのが実力な訳で。

ただ勝つにしても、負けるにしても、後にケチが付く結果は嫌です。

どんな小さな事でも、納得できない理由が有ると、蟠りとしてずっと残ってしまいますから。

私ごときもですが、計量で泣かされた事も、オーバーした事も有ります。

初めてオーバーされた時、何故か相手のオーバーを知らされませんでした。

計量来ないな相手、と思っていたら、オーバーしてて。

対戦相手は風邪で落とせなかったとの理由でしたが、後にその対戦相手の奥さんから直接、嘘付きたくないからと、真実は風邪は引いていなかったとの驚くべき情報を貰ったその試合は、約5キロオーバーされているものの、風邪との理由でタオルを早めに入れる話ができていて。

興行が盛り下がらない様に、皆に内緒なんでグローブハンデも無くて。

でも1R、無茶苦茶に打ち合ったら、会場滅茶苦茶盛り上がっててんてんてん

風邪だから終わるだろうと周りも思い、そのまま最終ラウンド迄。

結果、3度のダウンを奪われての判定負けでした。

鼓膜は完全に破けるは、顔は21針縫うは、大ダメージでして、半年も休みました。

今も稀に再放送されている、あの試合です。

その同じ選手との再戦。

今度は計量当日8キロオーバーで来やがって。

1度オーバーした選手って、大体がまたやると思うんです。

1度でも辛さから逃げる道を知ってしまったら、極限の減量状態の時、ソコにまた逃げてしまうじゃないかと。

それで相手は協会追放になりましたが、代わりに当日連れて来たタイ人が、9キロも重くて笑っちゃいましね。

無茶苦茶コンディション良かったんで勝てましたが、組んだ時の力の差に、本気でビビった記憶が有ります。

オーバーしたその選手は、その後他の大会に出て、計量オーバーしている記事を見ました。

ただ凄く驚いたのは、リング上でマイク持って、選手として初めて計量オーバーしたって言ってた事。

俺との試合のオーバーとか、無しになってる?!?

キックボクシングみたいに、幾つもの団体やプロモーションが有ると、駄目だな〜って思いましたね。

やるんですよね。
本当に心の底から後悔してない選手は、極限状態になったら、必ずまた逃げる。

だからこそ、大きなペナルティが必要だと思います。

俺も1度だけオーバーした時、今迄のオーバーされての悔しさが有った自分がオーバーしてしまった恥ずかしさから、最低1年と決めて自分にペナルティを課して、試合しませんでした。

ここからは、オーバーした時の選手の状態を、私なりに解釈すると。

階級制のスポーツで1番守らなきゃいけない約束を破ってしまったんです。

もう試合だけでもちゃんとやらないとと、思う筈です。

極限迄減量しても、最後の最後、1番辛い部分を落としていないので、コンディションは落としてる時より、確実に良いんです。

私もオーバーした試合、勝ちました。

しかし、もしリミット迄ちゃんと落としていたら、試合をまともにやれるコンディションではなかったと思うので、間違い無く負けたと思います。

約束守って負けるよりも、約束破ってでも勝つ事を選んでしまったんです。

でも、後々ちゃんと考えたら、それは実力だけで勝ったのでは無く、約束を破り対等では無いコンディションで勝った訳で。

勝った時は減量の辛さが有ったので大喜びしてしまいましたが、後々恥ずかしくて恥ずかしくて。

今も後悔しています。

70キロで試合していた時に、相手がいなくて79キロ契約で試合を受けた時に、相手がオーバーして来た時は、流石に自分は通常78キロしか無かったので、グローブハンデを受けて試合しましたが、それでも物凄くパンチが効いたのを覚えています。

私事ばかりになってしまいましたが、山中選手としては、ここまでの偉大な功績の最後で、ケチの付く形での最後になってしまった事は、本当に無念だと思います。

試合内容だけ見たら、完敗だと思いました。

相打ちでカウンターになったとは言え、ジャブでダウンしてしまう様に、かなり耐久性も落ちていましたし、反応も鈍かったかなと。

ネリ選手は、相当に強いと思います。

1度でも減量失敗した階級には、拘らず、スーパーバンタム級でやって欲しいですね。

世界トップレベルで落とせないと言う事は、本当に減量も、限界だと思うので。

そうすれば、世界トップクラスの結果がまだまだ出せるのでは?

丁度、1階級上には、同じ興行で一緒に防衛戦をした岩佐選手がいます。

岩佐選手の唯一の日本人相手の敗戦は、今回で引退を決めた、山中選手です。

岩佐選手は、バンタム級での最後の試合辺りは、脂肪が全く無い、もうベストより弱くなっちゃってるでしょ!
って感じの身体でしたが、スーパーバンタム級に上げて減量苦からも解放されたので、動きも前よりも良かったと思います。

ここは一丁、過去の悔しさも間接的に精算できるし、ネリが階級アップして岩佐選手とやったら…

ネリは本当に強いからな…

そんな夢を勝手に描いたり、もしネリがバンタム級に留まるなら、日本人の鬱憤を井上選手に精算させるのが、1番面白いのかな?
何て、未来予想図を描きつつ、今回のボクシング観戦記を終わります。

# by realdevilman | 2018-03-03 08:56 | 後尾 格闘技 プチ変態
夕方に日記を書くのは初めてかも(^。^)

今年1年は、関わった仲の良い人達、本当に有り難うございます。

新しい格闘技仲間、同い年の仲間が増えて、嬉しかったですね。

明日は私の為に、国旗を掲げて国を上げての生誕祭。

毎年、欲しい物が何も無かった物欲ゼロの私。

でもやっと見付けました!

ウイニングの10ozのマジックテープでとまるグローブ!!!

今のグローブも、穴が空いて大分ボロボロになってきましたので。

10oz以下だと、か弱い拳頭がサンドバッグを叩くと内出血しちゃうので、この小ささが限界??

ウイニングは本当に丈夫で拳を守ってくれて壊れないし、造りが良いので、多分これが最後のグローブかも…

ただ、後数年もグローブ使うかなぁ??

と思ってたら、格闘技嫌いな家族より、却下??

今年の誕生日プレゼントは無しみたいです(^。^)



誰か下さい^_^



来年もまた、いい歳しても決して落ち着かず、突き抜けた人生を送って行きたいと思います。

最近は怪我が本当に増えて、来年辺りで、本当に身体も動かなくなりそうなので、格闘技も楽しめなくなりそうですが、来年は燃え滓を掻き集めて、もう少しだけ遊びたいです。

今年はずっと目標だった20勝20KOを、負け数を忘れた上で達成できたので結構満足(^。^)

もう上は全く見てないけど、自分が楽しむ位良いじゃないかってね。

今はK-1だけじゃなくて、ノックアウトなんて、素敵な名前のイベントも有るので、格闘技見るには退屈しないですしね(^。^)

決して決して、決してKOファイターじゃないけど、逆に、絶対に誰にもノックアウトされない、そう言う意味では、ノックアウトには関われる、新日本のウェルター級王者の渡辺健司を、ノックアウトで、俺ならノックアウトできる選手との対戦として見てみたいかなと(^。^)

自分が幾つになるのか、本当に忘れて来ましたが、年齢なんて、ただの生きた年数なだけだし、そんなすっとぼけた私を、来年も宜しくお願い致します^_^

今年1年関わった方々、色々と有り難う御座いました。

来年も一層、宜しくお願い致します!!!
# by realdevilman | 2017-12-31 17:06 | 後尾 格闘技 プチ変態
毎年、年賀状を頂いてる方、Facebookで繋がってる方へ。

去年23区内に引っ越したので、年賀状は新年は転送できましたが、来年は転送されません。

もし、年賀状を送ってしまった方は、申し訳ないですが、届かないと思います。

新住所がお知りになりたい方は、Facebook個人メッセージ、LINE、メール、電話等で、連絡頂ければ助かります。

此方からも、本当に極少数ですが、送ってはおりますが、何卒宜しくお願い致します。

後、2日で国を上げての、私の生誕祭ですが、関わった方々、今年1年、色々と有り難う御座いました。

来年、最後の大きな挑戦を、試みたいと思っています。

変わらず、宜しくお願い致します。

決して落ち着く事無く💝

来年も、突き抜けた人生を常に心掛けていきたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。
# by realdevilman | 2017-12-30 10:46 | 後尾 格闘技 プチ変態
f0010112_9421311.jpg
ドラゴンボールに続いて、ワンピース買わされてます。
何巻迄出るんだろう?
恐ろしいです。

# by realdevilman | 2017-11-28 09:42 | 後尾 格闘技 プチ変態
大層なタイトルですが、じゃあ、お前はどうなんだよってのも有ると思うんで、簡単に。

私の場合、格闘技やる前に、既に人生賭けてやろうと思ってた事が有ったんです。

だもんで、私の場合は格闘技が、既にセカンドキャリアなんです。

しかも、プロ志望でも全く無く、プロになれるとも思っていないで始めただけなんで。

ソコに至る迄の人生の挫折で、とても自分に自信を持てなくなっていたからかなと。

ただ、運良く?
若い頃から異常な迄に腕っぷしが強かっただけなんで(^^)

この歳で喧嘩自慢だと、ただのくだらない笑い話ですが、そうやって、格闘技に出会えて、本当にとても幸せでした。

人生において、自分の持っている才能を生かす場所に巡り会える事こそ、1番の幸福だと、私は信じています。

その辺の人が、実は無茶苦茶に歌が上手いけど、歌手にはならず、普通の仕事をして普通に死んで行く。

世の中の大半はこんな感じだと思います。

でも、格闘技で少なからずプロになった人は、自分の持っている才能or自分のやりたい事で、お金を稼ぐ事ができた、既に、物凄い幸せ者なんです。

普通のお兄ちゃんが、巨乳のお姉ちゃんと遊びたい!

遊べたんです!!

揉みしだいたんです!!!

そこから先っちょを…



すいません、興奮して取り乱しました❤️



なりたいものになる。

誰もが最初から、チャンピオンを夢見た訳じゃ無いと思います。

最初はプロになる事から始めたと思います。

プロになった人達、既に1つ、大きな夢叶えちゃってます!

王者になった人達、その上で更に見た大きな夢、叶えちゃってます!!

でも山が有れば、登りきれば、登って見えた素晴らしい景色を何時迄も見れる訳じゃなく、ソコから必ず降りなくちゃいけません。

そして降りた時、普通に何時も有る景色を見た時、何か物足りなさを感じてしまうかもしれません。

良い女ばかり抱いてると、普通の女がブスに見えちゃう様な?





それ、錯覚です❤️





そして、普通の世界こそが、世の中の大半の人が普段見てる世界です。

豊かになった今の日本、その気になれば普通の生活をする事は、努力すれば大抵はできます。

誰でも少しは努力しないと生きてけないもんです。

格闘技に使った努力を、仕事に生かせば。

そんな都合の良い話じゃないと思います。

格闘技に使えた努力が、生かせない仕事なんて沢山有ります。

根性じゃなんともならない世界、沢山有ります。

でも、何でも同じ。
歯を食いしばって頑張れば、何とかできる、かもしれない。

我々が格闘技に費やしていた時間を、仕事に費やしていた人達が、仕事の世界で自分より前を歩くのは、仕方が無い事です。

それが嫌なら、 格闘技をしながらも、仕事も新卒の様な形から、頑張れば良かっただけで。

それは本当に大変だけど、やってる人もいるんだからってね。

人生で、自分の夢や希望を賭けてできる事って、本当に、少ないと思う。

新しい夢や希望を見付ける事なんて、本当に大変です。

セカンドキャリアを、同じ様な光当たる世界を求めず、普通の仕事を、物足りなさを、刺激の少なさを感じながら生きていくのが、第2の人生なのかなとも。

縋っても良いと思うんです。

俺、1つの事に色々と賭けてやれた経験が有るって。

それが有るから、今こうやって胸を張って生きていけるんだって。

そこで、家族を持つと、とても良いと思います。

自分の為に、自分を幸せにする為に頑張った力を、家族を幸せにする力には、変えれると思うんです。

1度光の当たる世界を知ってしまうと、普通の世の中がとてもつまらなく感じてしまうと思います。

でも、普通の世界なんて、格闘技やってる時に比べたら、大半はつまらないもの!

先ず、ソコをしっかりと自覚して、そんな楽しかった瞬間に、今の自分の人生を近付ける努力さえしていけば、何とか生きてけるかなと。

セカンドキャリアじゃないですが、1つの事をやり切った人達は、もっと胸を張って生きて欲しいし、そう有るべきだと思います。

平凡な人生も、悪くねえぞって??

現役と違って、色んな人が手を差し伸べてくれる事も無くなると思いますが、ソコでその人の人間としての量が、試される時だと思うし、その量こそが、格闘技の経験が絶対に増やしてくれてると信じて、この全く取り留めのない話を終わりにしたいと思います。

読んだら『ココ』押してね。
# by realdevilman | 2017-11-24 10:02 | 後尾 格闘技 プチ変態
よく目にするタイトルでは有りますが、見解は様々。

今回は私の完全独自の視点で書かせて頂きます。

異論反論は、Facebookでなら受付けますが、基本的には…
黙って見てろ❤️

Facebookで友達になって無い人は…
やっぱり黙って見てろ❤️

落ち着くって言葉が嫌いです😙

最近では、テレビでK−1が放送されてきた影響からか、格闘技を小学生前後から始めている人も少なくは無くて、プロの試合に出る頃には、既に経験値は王者を超えてる選手もいたりして。

やはり、小さな頃、吸収率の高い頃から始めていた選手は、プロになっても直ぐに活躍しますよね。

格闘技って、刀を研ぐ作業と似てると、常々思っています。

誰もが、切れ味鋭い、名刀になりたいと思っている筈、では無く、刀になれただけで良い、また斬り合いはしたくない、そんな人もいると思います。

たまにいますけどね、試合もしてないのに、妙に強い奴😙

そんなのは置いといて、自分を削って削って、切れ味を増していき、スパーリングや試合で試し斬りして、切れ味を確認する。

でも、刀身にも限界は有って、継ぎ足しは効かない。

研げば研ぐ程、少しづつ刀身、刀心は減って行く。

その中で斬り合いをすれば、当然刀身は傷付き、また研いで、更に鋭さを増せるかもしれないが、遂には細くなってしまい、耐久力は落ちたり。

1番長持ちするのは、斬り合いじゃ無くて、先手必勝であっという間に斬り殺す事。

でも、その戦法もまた、一寸先は闇で、じゃあ先手必勝ができなかった時、場面場面で、戦法を変えれる事、これが1番難しくて、ソコで選手の純粋な強さが必要になってきて、変えて勝てるのが、超一流の選手だと思います。

先手必勝で確実に斬り殺す事ができる人は、最早スターですね(^。^)

でも、人間は余りにも自分とかけ離れた人に対しては、共感できないって事も多々有ります。

面倒臭い生き物だな☺︎

ただ、ソコまでに辿り着く過程で、格闘家としてだけでは無く、人間としても上手く成長できる人もいたりして。

それは所謂、要領の良い人。

で、この要領の良い人程、社会での位置向上力も高い訳で。

何かそれっぽい事を語りだしたぞ、低学歴の俺が🤣

よく、人にも言う言葉が有ります。

格闘技の試合迄の練習や、試合に勝った時の達成感を超えるものは、その後の社会には存在しない。

身体を酷使して、色んなものを犠牲にして、その上で手に入れたものは、最高の宝物だと思います。

でもその中の辛い部分は、根底は誰に頼まれたりやらされたりした訳じゃ無くて、自分でやりたくて始めた訳で。

でも、人間はとても弱い生き物だから、愚痴を言ったり、弱音を吐いたり。

それを上手く聞いてくれる人がいる事も、長く続けられる秘訣だったり。

それを自分の中で上手く解釈できて、消化できる人も、中にはいるけど、そんな強者は貴重な存在だったりして。

何て思うがままに書いていたら、本題に入る前に、こんなに長く😙

と言う事で、集中力が切れたので、核心に迫る前に、今日はここまでm(._.)m

読んだら『ココ』押してね。
# by realdevilman | 2017-11-17 11:06 | 後尾 格闘技 プチ変態
早目に選挙に行って、かなり前からテレビ前でスタンばってました??

比嘉選手、本当に気持ち良い戦い方をする選手ですね。

強打を立体的に連打する攻撃パターンは、相手選手がリターンよりも、ガードに集中してしまうので、本当に自分の好きに打てているなと(^-^)

パンチが強く硬いのが、画面からもビンビン伝わってきましたね。

足を使う長身の対戦相手だけに、苦戦するかな?
と思いましたが、プレスが強く、それを続けられるスタミナが有るので、暫くは無敵なんじゃ無いかな?
と思います??

単発だとリターンされる事もあるでしょうが、必ず1発で終わらず、連打で攻めせている、攻撃パターンも、素晴らしいと思いました。

まだ相手が強打を警戒してか、余り打たれてませんが、ファイトスタイルからしても、打たれ強さにも自信が有りそうですね。

井岡選手との統一戦を口にしていましたが、やらないと思うな(^。^)

KO勝利って、本人は元より、見ている人にも本当に魔物的な気持ち良さを与えてくれるので、それを欲望したファイトスタイルを、これからも続けていってほしいです。

長く王者で居て欲しいので、ここまでKO続くと、KOしなくちゃいけないって使命感に似た、ある種の特攻的なファイトスタイルにもなり兼ねないので、できれば判定勝ちして楽になって欲しかったですが??

しかし、ジミー・レノンのリングアナウンスは本当に最高ですね!

アレで燃えない選手は、絶対にいないと思いますわ❤️

メインイベント。

自分は、前回は村田選手が負けたと思ってました。

今の世界のボクシングは、ジャブにポイントを振る傾向も有りますし。

今回は前回より強くプレスかけましたが、ジャブの差し合いは、やはり負けてましたね。

前に出ているのは村田選手でしたが、ソコからアタックをかけるのが多いのは、王者でした。

密かに村田選手は耐久力は相当に有ると、デビュー戦で右クロスのカウンターをモロに喰ったのに、そのまま攻め続けられた時から、思っていましたが、体が頑丈ですよね。

生き残る選手の条件の中で、頑丈さって最も大切なものの1つだと、常々思っています。

セコンドもかなり興奮してましたね。

試合終わったら、先ず選手のグローブを外すのに、認定書読んでいる時まで、忘れてましたから。

見ている人達も、とっくに気付いているとは思いますが、村田選手にはカリスマ性と言うか、人を惹きつける魅力が溢れていますよね。

世界王者になった事で、スターとしてのピースは、全て揃ったのではないでしょうか?

そしてインタビューで、周りの世界王者に比べたらと、ミドル級での自分の立ち位置を、ハッキリと口にできる所も素晴らしいと思いました。

WBA等は、殆どの階級で暫定王者が存在し、また数度防衛したり、他団体と統一すると、スーパー王者に格上げと、1つの団体に世界王者が数人いる、おかし過ぎる状態が続いています。

現在のWBAでは、ゴロフキンがスーパー王者になっている筈です。

タイトルマッチの認定料が団体運営の礎となっているので、タイトルマッチを乱発しないと、団体を維持できないのかもしれませんが、それでも世界王者が尊敬の対象なのは、オンリーワンだからだと思います。

ですが、今その形は、完璧に崩壊してしまったと感じます。

WBAとしては、これから王者とスーパー王者、暫定王者を統一していく路線を打ち出しているので、実行して欲しいですし、スーパー王者は要らないと思います。

世界王者は、既にスーパーな存在ですから❤️

拳志郎選手(名前間違ってたら御免なさい)も防衛した様ですし、今日本はボクシング黄金期になったと思います。

キックボクシングも、ノックアウトがテレビ放送される事で、少しでも追従していって欲しいですし、それだけのコンテンツだと思いますし、選手もいます。

今後が本当に楽しみです。

ボクシングは本当に最高の格闘技コンテンツだと、改めて思いました。

読んだら『ココ』押してね。

# by realdevilman | 2017-10-23 09:25 | 後尾 格闘技 プチ変態
遂に日本ボクシング界の至宝、井上選手が全米デビューしましたね(^。^)

ダウン経験の無い相手をボディーで倒して、最後は棄権させる完璧なフィニッシュ。

色んな形のKOって有ると思いますが、有る意味、1番完璧なKOって、この棄権させるって事だと、常々思っています。

テンカウント聞かせたり、レフリーストップだったり、セコンドがタオル入れたり、色んなパターンのKOが有る中で、見る側としては、派手なダウンシーンは欲しいのかもしれませんが、棄権は=もう勝てない、と諦めさせる訳で、それは物凄い事だと思うんですよ。

勝つ為には辛い練習して減量して、試合に挑んでるのに、試合中にこれはどうやっても勝てないと、相手orセコンドに思わせる訳ですから。

有る意味、相手側も潔いとは思いますけどね。

ただ、そこまで追い込める井上選手の実力は凄いの一言だと思います。

そして、ロマゴンの陥落。

確かに階級を上げて来てる分、圧力やパンチ力は階級的にも落ちて来てるとは思います。

1つ思ったのは、左構えの相手は苦手なのでは?
と言う事。

コンビネーションブローの中に何時も、多彩に左を混ぜていましたが、左構え相手には、使えるコンビネーションは限られるかと。

今までの対戦相手にも、左構えは余りいなかった様に思えます。

そして、階級を上げて来た事で、常に優位に立っていたパワー、圧力の部分も陰りが出て、でも基本的にプレスをかけてコンビネーションで詰めていくパターンなので、プレス負けしない様に無理しても前には出なくてはならない訳で。

そして、階級的なパンチ力も影響したんでしょうね。

スーパーフライ級での体格の維持が限界に来ている井上選手との対戦は、完全に無くなったと考えて良いでしょうね。

この先は、バンタム級に上げるだろう井上選手と、WBCのタイトルがどうなるだろう山中選手との関係性も気になります。

どちらと対戦しても、ストーリーも含めて物凄く面白くなりそうですね!

そして、小國選手と岩佐選手の対戦は、想定通りだと思うのですが、如何でしょう?

小國選手の世界王座奪取は、相手と言い物凄い事だったと思います。

前王者の弱点は、スタミナとボディーに有ったのかなとも思いました。

ソコを上手くつけたと言うか、相性も有ったと思うんですが、辛抱強くコツコツと左ボディーを絶妙のタイミングでいれたりして攻め続けた小國選手の、辛抱勝ちだったと思いますが、今回は最初のダウンで早くも結果が見えてしまったと言うか。

タイプ的にも、1番相性が悪かったのでは?

足も使う左構えでは、中々ボディーも当てられないですし。

回り方も逆でしたし、左構えは苦手なのかな?
なんて思いました。

左構え大好きって選手もたまにいますが、自分が左構えが大の苦手だったので、重ねて見てしまいました。

左フックが得意な選手は、左構えとは相性が悪いと思う所も有ります。

俺がセコンドだったら、もう少し早くタオル入れたかな。

って、世界戦で負けたら終わりって覚悟してるレベルを、私は理解できるだけの経験を持ち合わせていないので、書いてるだけですけど☺️

そんな感じで、本当に無敵の強さを持った、ファイティング原田さんを超えた、日本ボクシング史上最強ではと思わせる、井上選手の活躍や、岩佐選手のこれからの活躍、そして、岩佐選手に今度は逆に山中選手が挑戦なんて面白いんじゃ?
なんて、ぶっ倒された訳じゃ無いんで、山中選手の勇姿をもう少しみたいなって希望も合わせて、書いてみました。

ロマゴンが負けたよりも、シーサケットが強かったって書かれないな〜なんて思いつつ、井上選手はシーサケットと統一戦したから、階級上げたら面白いんじや?なんて思いつつ、エストラーダとも見たいななんて。

ボクシングは夢が有りますね。

キックボクシングも、ノックアウトができて、夢が有る様になってきたなと思うと共に、主催者の小野寺君が昔、K-1フェザー級の出場オファーを断って、そして今築きあげた事が、素晴らしいなと思っています。

勝次、次は最強の相手だと思うけど、頑張って欲しいな〜。

そんな感じでの、ボクシングテレビ観戦記からの、キックボクシングかぶせブログでした。

あ、ロマチェンコとリゴンドーは、階級差があり過ぎなんて、見ない様な見たく無い様な😋

読んだら『ココ』押してね。
# by realdevilman | 2017-09-16 09:29 | 後尾 格闘技 プチ変態

f0010112_23293729.jpg
これは特筆して書くべき事なんで、昨日の日記とは別にしました。

今回、チーフセコンドをしてくれた菱山さん。

20年以上前、実はシュートボクサー時代に、デビュー戦から付いて頂いていた方です。

私のパンチの基礎を造ってくれた方なんです。

私に、基本的なボクシング的な打ち方を教えてくれたのが菱山さんでした。

ボクシングにずっと憧れと尊敬の念を持ってる私に取って、元ボクサーだった菱山さんとの出会いは、とても有り難いものでした。

そんな菱山さんとFacebookを通じて、また繋がり、1度セコンドに付いて頂いた時は、私の力及ばず勝てませんでした。

菱山さんには不思議なジンクスが有って、菱山さんにバンデージを巻いて貰うと、試合に負けないんです。

初めて負けた時は、初の他団体で、菱山さんもセコンドに間に合わず来れず、しかも高熱で病院で点滴して、そのまま会場入りして、自分で練習巻きして出ました。

初の自巻きは酷いもんでした(*☻-☻*)

そんな事迄思い出しましたね。

因みに前回は、自分で巻きました。

何か気付いた時は、人に迄も巻ける様になってたバンデージ。

自分でも同じだしできるかな?
って試してみたら、簡単に巻けて。

それ以来、自分で巻いてます。

ですが、今回は菱山さんに巻いて貰いました。

バンデージ巻いてる時から、ノスタルジックに、あ〜デビュー戦もこんなんだったなって(*☻-☻*)

もう、23年経ってるんだなって。

そんな菱山さんと、一緒にリングで喜べて、本当に嬉しかった!!!

喜んで抱き合えるって、本当に幸せなんだなって。

そして今回、バンゲリングベイ江古田で、練習を見て貰ったんですが、K−1に出てる中島やレオナが、何で勝ててるか、よく解りました。



ミットが素晴らしい!!!



攻撃とディフェンス、共に相当に高いレベルで、練習できました。

スパーリングを今回、珍しく全くしなかったんですが、あのミットをやっていれば、要らないかな?
って思える、素晴らしい練習ができました。

スパーリングは好きなんですが、ミドル級以上は、急にやれる相手が極端に少ないって問題も、日本は有ると思いますけど??

でも、今度は逆に、スパーリングもしたいな、なんて思ったりもしました(*☻-☻*)

今回は、2人のお陰で勝てたと言っても、過言ではないです❤️



本当に有難う御座いました(´∀`)



何時の間にか、自分より年上の現役選手は消えました。

自分も現役だとは思っていません。

気紛れ野郎なだけですから。

まあ、40歳超えたらね〜(^ω^)

何時か全く動けなくなると思うんです。

動けるうちは、やっとこうかなと。

まあ、勃起するうちは…

得意の例えは、既に皆さんの心に届いてますよね❤️

昔は、色んなスポンサーのお陰で、仕事せずに試合もできました。

今は、そう言うの面倒臭いんで、全くしません。

トランクスに広告入れてる選手を沢山見ますが、皆頑張って営業してるんだろうなって。

営業の仕方すら解らないよって(*☻-☻*)

未だにトランクスには、卑猥な文字と物騒な文字を英語で入れてるんで(て言うか、昔の使ってます、新しいの造る程でも無いんで)タイでテレビ中継入る為リング降ろされたヤツも残ってます❤️

新しいトランクスなんて造る気も有りません。

自分の中の燃えカスや残りカス、色んなものを寄せ集めて、拾い集めて、こうやってたまに戦うのも、面白いなって思います。

それで仲間の酒の肴になれれば充分かなって❤️

感謝って、言葉にしてしまうと何か安っぽくなっちゃうけど、でも言葉にしないと伝わり難いので、ちょっと書いてみました。

最年長だけど、今後は…

どんな風が吹くか、自分でも解りません❤️

ただ…



もうお腹出てきて、走ると重くて大変です❤️



御清聴有難う御座いました。

SEX

俺、幾つだよ❤️

そんな自分が好きです❤️❤️❤️

読んだら『ココ』押してね。 


# by realdevilman | 2017-09-06 23:39
f0010112_826239.jpg

じつは7月頭に、かなり久し振りにキックボクシングの試合しました(^ ^)

年齢とか、グローブの大きさとかには守られない、危ない方のです❤️

と言っても、本当のキックボクシングは、3分5R肘膝無制限なので、3分3R肘無しのソフトな感じのやつですが、それでも充分に、お酒よりは酔えます❤️

本当は肘は大好きなんですけどね❤️❤️

写真はその時のものですが、元々デビュー前に手術して以来、痛め続けていたのが、ここ10年ちょっとは、本当に調子が悪かった右肘が、試合前に練習で若い悪魔に襲われて、血が溜まってしまい、痛くて本当に困ってました。

血は2回病院で注射器で抜いたのに、それでも試合当日こんなにポッコリ出てて、多分肘を蹴られたら、自分から座って泣いたと思います。

そんなポッコリ肘の写真でした❤️

自惚れの強い自分の、当たれば必ず倒れると思っていた右は、手首肘肩全て軟骨が擦り潰れ変形し、何時のまにか、並以下になってしまいましたけど。

因みに、よく試合前に睨み合いとかする選手いるじゃないですか?

アレって凄いなと、ずっと思っていました。

私も若い頃はそうしてたんですが、何戦目かな?

レフリーチェックの時に、相手が余りにも来るんで、困っちゃって、思わずその場で殴っちゃいそうになりまして。

人生、よく自分を見失ってましたが、ここで最初から見失っなったら大変だと❤️

これはこのままでは、何時かやるなと思ったんで、それ以来、目を合わさない様にしたんですが、下を向いてると、何かしょぼくれてるみたいで、嫌じゃないですか?

何で、上を見る様にしたら、少しは落ち着ける様になりまして。

少しですけど❤️

それ以来、何時も上を見ています。

肘は血が溜まってますけど❤️

で、試合の方は何とか勝てまして。

デビュー3戦目かな?

3戦連続KO勝ちした時に、その余りの気持ち良さを常にと思い、自分にも周りにも公言して誓ったんですよ。

これから先、1度でも判定勝ちしたら、辞めるって。

でも辞めたくないから、どんどんおかしなファイトスタイルになってっちゃって。

完全先行逃げ切り型ながら、後半迄行ってしまうと、第3コーナー過ぎた辺りでは、馬群に埋もれてる事も多々有りまして(*☻-☻*)

自分が他の試合を見てて、1番つまらないのって、変にスタミナとか計算して行かないのでした。

そう言うのって、お客さんに伝わっちゃうじゃないですか?

なんだこいつ、つまらねえなって。

そんな、つまらない男にはなりたくないって感じでしょうか?

そう言う形でも生き残る選手が悪いとは言いません。

記憶に残る選手と記録に残る選手。

記憶は薄れていってしまうものですが、記録は消えず永遠に刻まれます。

記憶と記録、両方残せる選手が、スターなんだと思います。

KO。

これだけにはトコトン拘り抜いて。

負けは嵩んでも、KOだけには拘ろうって。

とりあえず10勝10KO目指して。

達成してから何年経ったでしょうか?

負け数もかなり増えました。

既に上は見ていないので、最早選手では無く、ただの趣味になっていると思います。

ですが、この試合で念願だった、20勝20KOに、やっとやっと届きました。

名の有るステージでは無かったかもしれません。

名の有る対戦相手では無かったかもしれません。

でも、男同士が2つの拳で殴り合えは、何が起きるか解りません。

そのドキドキ感が堪らないのよね❤️

でもって試合迄には、凄く太ってたんで、小さな小学生1人分位の減量もしました。

昔、減量のし過ぎで、内臓をかなり痛めてしまい、今も少し残る後遺症に苦しんでるのに、また大幅減量してる自分。

自分はサディストとしては、歴史に名を刻めるんじゃないかとずっと思っていましたが、中々なマゾフィストなのかな?
なんて思ってしまいました。

やらないで後悔する位なら、やって後悔した方が良いと常々思って生きて来て、沢山の失敗を繰り返していますが、それでも楽しく生きてるなって思っています。

今は、テレビでも、KNOCK OUTなんて、素敵なタイトルの番組が、民放でも放送されています。

自分が青春を過ごした新日本キックボクシング協会の王者が、素晴らしい試合をしてくれています。

そう。
KOなんですよね。

自分も周りも気持ち良いのは。

SEXと同じなんですよね。

自分だけ気持ち良くなるより、一緒に気持ち良くなった方が更に良いって。

快楽主義者なので❤️

よく試合前に、相手選手を尊敬みたいに、言う人を見ますが、そんな余裕よく持てたねって思います。

そんな思い、1度しか持った事が有りません。

だって、自分の幸せを奪いに来る相手ですよ?

そんなに人間できてないって(*☻-☻*)

でも、試合が終われば、戦友になると思います❤️

殴り合ったのに笑顔って、凄くないですか?

そんな気持ち良い体験を久し振りにさせて頂きました。

応援に来てくれた同級生や仲間達、理想のマウスピースを造って頂いたRYMS様、そして今まででの練習で1番良かった、最高のミットを持ってくれた現ジムの会長。

一緒に練習してくれた仲間達には、本当に感謝しています。

疲弊した内臓も、完全復活しました。

体型も、デブと呼べる位迄に戻りました。

昨日走ったら、余りの重さに笑っちゃいました。

でも、楽しく生きてるなって感じました❤️

此れからも、楽しく生きて、その楽しさが少しでも周りに、キックボクシングだけじゃなくて、何某かでも、一緒に感じられたら、それは幸せなんだと思います。

SEX。

読んだら『ココ』押してね。

# by realdevilman | 2017-09-05 08:26 | 後尾 格闘技 プチ変態