人気ブログランキング |
ブログトップ

FUCKING DIARY

realdevil.exblog.jp

匿名文句相手する程お人好しではありません!不快なコメントも論外。個人的な意見質問はメールで宜しく。

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

殆ど観戦せず、セコンドしてた興業ですが、感想記でも。

ヘビー級の高森の代わりに出たGORIRA選手。
セコンド付いたけど、アマチュアSB大会の重量級で優勝してるとの事。

SBのアマチュア大会で優勝する実力が有ればまず、キックの3回戦で負ける事は殆ど無いと思ってる俺。
技術はしっかりしてると思ってたら、予想通り良い選手でした。

ただ、凄く緊張してたのが気になってたら・・・・・

試合中にアドバイスしても、全く耳に入って無かった様な気がしました。

セコンドの声に、インターバル中も一切反応が無かったので残念。

相手選手は打ち終わりに、カウンターの右フックを打つ以外に恐さが無かったので、とにかく左手のガードだけ上げておけば大丈夫と何度もアドバイスしたけど、耳に入らなかった様で、結果も打ち終わりに右フックをカウンターで貰ってのKO負け。

技術で完全に上回っていたし、相手の攻撃パターンの読みもセコンド的には完璧だったので、アドバイスが聞けなかったのが非常に残念。

ただ、基本的な技術や体もできてるので、経験を積めば上に行けると思うので頑張って欲しい。

ちょっと見てて気になったのが、TURBO選手。

まずTURBO選手の入場曲、目茶目茶格好良くて大好き(^~^)

TURBO選手は相変わらずノーガードに近い状態でプレッシャ-かけるんだけど、相手の上松選手もスピードが有り+技術もしっかりしてるので、流石にそのガードじゃ危ないんじゃ?と思ってたら、入り際にカウンターを合わされてダウン。

2RにはTURBO選手も盛り返したけど、良い所で肘でカットされてしまい振り出しに。

最終R、後が無いTURBO選手は前に出てプレッシャーをかけて攻勢に出るも、今度はフックを引っ掛けられて、スリップ気味にダウン(俺はスリップで良いんじゃ?と 思ったけど、確かに倒れる前に一応パンチは当たってたかな)

途中、女の人がTURBOコールを1人立ち上がって煽ってたけど、よく見たら真吾のかみさんでした(^~^)

このスタイルだと歴戦のダメージか?打たれ強くないTURBO選手は今後もきつい試合が続きそう。

バーン(ムーファレック)は悲しいけど、もう昔の強さは期待できないかも。

全くと言って良いほど練習しない?できない?し、それじゃスタミナも有る訳無い上に、年齢もいってるし、落ちる一方のこの時期でこれじゃ、今後は怪我に繋がる可能性が高いと思う。

バーンの強さを知っていた人間としては、今後の勝ち星が期待できない以上、試合を続けるのは止めた方が良いと思ったな。

上を目指す選手の踏み台にされるのは悲し過ぎるから。

でもってTOMONORI。

昔から良い選手だったけど、自分の良い所と悪い所を完全に把握した事で、元々持っていた力が上手く使える様になってきた。

TOMONORIの場合、この元々持ってた力が、目茶目茶凄いだけに、この戦い方ならタイ人以外には当分負けないんじゃ?

日本最強の称号に相応しい選手と言えるこの優勝。

おめでとう!!!

で、真吾。

今回はかなりスパーもしたし、その中で我龍タイムまでやった。

当日、本人は余り調子良く無さそうって言ってたら、3R以降完全にスタミナ切れてしまった。

でも真吾の凄い所は、スタミナ切れても根性で何とか打ちながら前に出れる所。

結局、リーチで誤魔化されつつ、手数も足りない為、判定負けだったけど。

でも、1R位は取ってたと思うんで、ジャッチの1人が寒川君に50付けたのは、ちょっと心外。

最後の我龍タイムは、真吾が勝手にやってる事だから、付き合わなかった寒川君に落ち度は全く無い。

ただ、俺もスパーで体験したんだけど、我龍タイム、殴り合いが好きな人間にとっては滅茶苦茶楽しい時間なんだよね。

体験しなかった寒川君に何か一言、言うとしたら、
「勿体無い!」
これかな(^~^)

そんなJネット興業感想記でした。
by realdevilman | 2006-11-28 11:22
かなり遅くなったけど(頑張って働いてる証拠です!)プロの試合の観戦記。

今回、ぶっちゃけ興味有ったのは、前回素晴らしい試合した伊原本部の土屋と、フェザーに上げた蘇我と常に高い実力をキープしてる1位の岡田との試合。

で土屋の試合。

すいません、評価高く書き過ぎてました。
少なくとも今回の試合を見た限りではね。

膝が出来ないのは聞いてたけど、それ以外もいまいち。
前回は相手にも問題が有ったんだろう。

あの時の攻めは素晴らしかったんだけどな・・・・・

3回戦は一気に突き抜ける位じゃないと、トップには行けない。

サイトの注目の選手にも名前書いてたけど、消しました。
もう1度這い上がれ!

年始の協会オールスター興行で、尚武会のパンチャーの亮(川崎亮、虐めると楽しい)とやるらしいけど、亮ならお互い膝の出来ないパンチャー同士で噛み合うと思うし、尚武会は完全にいけると思ってたから、覆す結果で頑張って欲しい。

でもしょぼかった・・・・・

吉川も試合有ったんだけど知らなかった。

相手選手が下位ランカーだったけど、朝の計量で見たら、痩せてるって言うより骸骨みたいになってたから、動けるんかな?と思ってたら案の定、全く動けてないのね。

そのまま試合でも動けず、しかもダウンまで取られて負け。

本人と試合後に話したけど、タイトルマッチでドローまで行ってるフライ級にまだまだ未練が有るって言ってたけど、この階級じゃこの先も良いパフォーマンスは見せられないと思うな。

相手選手より全体の筋肉が確実にでかい上で、背がまた高い訳だもの。

この敗戦で、フライ級タイトル戦線からは完全に脱落した事実も踏まえて、選手を続けていくなら階級アップを絶対に薦めるな。

メイン前で、凄く良い試合が有った。

いつも会う度必ず虐めるのが日課になってるがってん(がってん古川)とレオンケイスケの試合がかなり良かった。

次のフライ級タイトル挑戦者決定戦と言っても良い一戦だろう。

お互い速い回転のパンチと蹴りが交錯する高レベルの試合。

一進一退の攻防が続いたけど、最終Rに差が出た。

お互いパンチが交錯するまでは一緒なんだけど、その後レオンはしっかりローキックをフォローしてた。

パンチだけになったがってんと同じ様にパンチを打ちつつ、最後にローをきっちりフォローした分、レオンが勝ってる様に見えたし、結果も僅差ながらレオンの勝ち。

試合後、自然に拍手できる素晴らしい試合だった。

また試合後に、館長がジャッチに詰め寄ってたけど、それはやっちゃ駄目ですよ・・・・・

いつまでもがってんを虐める訳にはいかないな。
これからは敬意を持って虐めよう(^~^)

メイン、蘇我の減量苦を聞いてただけに、階級アップで良いコンディションだと、アグレッシブなファイトが更にグレードアップするか楽しみだった。

対戦相手の岡田は、何処に対抗戦で出しても(そんな試合無いんだけどね・・・・・)恥ずかしくない実力が有ると俺は思ってる。

1Rからつっかけるだろう蘇我を、岡田がどう捌くか楽しみだったけど、予想通りつっかけた蘇我に対し、岡田のラテンの血に火が着いて、捌くどころか真っ向勝負。

お互い飛び技を含めた、高レベルの試合は差が無くドローに。

1人だけ2ポイント?差を付けたジャッチがいたけど、ドローでしょう今回の試合は!

相変わらず、技術無視でパンチで前に出ればポイント付けるジャッチがいるのよね・・・・・

でもこの試合で蘇我はフェザー級でやってける自信が着いたんでは?

年始興業でノンタイトル戦だけどいきなり剛介と当たるらしい!
楽しみな一戦でしょ!

ま、1回目で剛介に勝つのは厳しいと思うけど(^~^)

トップランカーが高レベルな試合だった、協会ディファ興業の感想記でした。

やっぱり協会は王者以外もレベルが高い!!!

外にこの力を示す機会が有れば・・・・・
by realdevilman | 2006-11-27 11:18
かなり遅くなったけど(頑張って働いてるしょうです!)プロの観戦記。

今回、ぶっちゃけ興味有ったのは、前回素晴らしい試合した伊原本部の土屋と、フェザーに上げた蘇我と常に高い実力をキープしてる1位の岡田との試合だけ。


で土屋の試合。

すいません、大した選手じゃなかったです。
少なくとも今回の試合を見た限りではね。

膝が出来ないのは聞いてたけど、それ以外もいまいち。
前回は相手にも問題が有ったんだろう。

あの時の攻めは素晴らしかったんだけどな・・・・・

3回戦は一気に突き抜ける位じゃないと、トップには行けない。

サイトの注目の選手にも名前書いてたけど、消しました。
もう1度這い上がれ!

年始の協会オールスター興行で、尚武会のパンチャーの亮(川崎亮、虐めると楽しい)とやるらしいけど、亮ならお互い膝の出来ないパンチャー同士で噛み合うと思うし、尚武会は完全にいけると思ってたから、覆す結果で頑張って欲しい。

でもしょぼかった・・・・・

吉川も試合有ったんだけど知らなかった。

相手選手が下位ランカーだったけど、朝の計量で見たら、痩せてるって言うより骸骨みたいになってたから、動けるんかな?と思ってたら案の定、全く動けてないのね。

そのまま試合でも動けず、しかもダウンまで取られて負け。

本人と試合後に話したけど、タイトルマッチでドローまで行ってるフライ級にまだまだ未練が有るって言ってたけど、この階級じゃこの先も良いパフォーマンスは見せられないと思うな。

相手選手より全体の筋肉が確実にでかい上で、背がまた高い訳だもの。

この敗戦で、フライ級タイトル戦線からは完全に脱落した事実も踏まえて、選手を続けていくなら階級アップを絶対に薦めるな。

メイン前で、凄く良い試合が有った。

いつも会う度必ず虐めるのが日課になってるがってん(がってん古川)とレオンケイスケの試合も良かった。

次のフライ級タイトル挑戦者決定戦と言っても良い一戦だろう。

お互い速い回転のパンチと蹴りが交錯する高レベルの試合。

一進一退の攻防が続いたけど、最終Rに差が出た。

お互いパンチが交錯するまでは一緒なんだけど、その後レオンはしっかりローキックをフォローしてた。

パンチだけになったがってんと同じ様にパンチを打ちつつろーをきっちりフォローした分、レオンが飼ってる様に見えたし、結果も僅差ながらレオンの勝ち。

試合後、自然に拍手できる素晴らしい試合だった。

いつまでもがってんを虐める訳にはいかないな。
これからは敬意を持って虐めよう(^~^)

メイン、蘇我の減量苦を聞いてただけに、階級アップで良いコンディションだと、アグレッシブなファイトが更にグレードアップするか楽しみだった。

対戦相手の岡田は、何処に対抗戦で出しても(そんな試合無いんだけどね・・・・・)恥ずかしくない実力が有ると俺は思ってる。

1Rからつっかけるだろう蘇我を、岡田がどう捌くか楽しみだったけど、予想通りつっかけた蘇我に対し、岡田のラテンの血に火が着いて、捌くどころか真っ向勝負。

お互い飛び技を含めた、高レベルの試合は差が無くドローに。

1人だけ2ポイント?差を付けたジャッチがいたけど、ドローでしょう今回の試合は!

相変わらず、技術無視でパンチで前に出ればポイント付けるジャッチがいるのよね・・・・・

でもこの試合で蘇我はフェザーでやってける自信が着いたんでは?

年始興業でノンタイトル戦でいきなり剛介と当たるけど、楽しみな一戦でしょ!

ま、1回目で剛介に勝つのは厳しいと思うけど(^~^)

トップランカーが高レベルな試合だった、協会ディファ興業の感想記でした。

やっぱり協会は王者以外もレベルが高い!!!

外にこの力を示す機会が有れば・・・・・
by realdevilman | 2006-11-27 11:11
かなり遅くなったけど(頑張って働いてるしょうです!)プロの観戦記。

今回、ぶっちゃけ興味有ったのは、前回素晴らしい試合した伊原本部の土屋と、フェザーに上げた蘇我と常に高い実力をキープしてる1位の岡田との試合だけ。


で土屋の試合。

すいません、大した選手じゃなかったです。
少なくとも今回の試合を見た限りではね。

膝が出来ないのは聞いてたけど、それ以外もいまいち。
前回は相手にも問題が有ったんだろう。

あの時の攻めは素晴らしかったんだけどな・・・・・

3回戦は一気に突き抜ける位じゃないと、トップには行けない。

サイトの注目の選手にも名前書いてたけど、消しました。
もう1度這い上がれ!

年始の協会オールスター興行で、尚武会のパンチャーの亮(川崎亮、虐めると楽しい)とやるらしいけど、亮ならお互い膝の出来ないパンチャー同士で噛み合うと思うし、尚武会は完全にいけると思ってたから、覆す結果で頑張って欲しい。

でもしょぼかった・・・・・

吉川も試合有ったんだけど知らなかった。

相手選手が下位ランカーだったけど、朝の計量で見たら、痩せてるって言うより骸骨みたいになってたから、動けるんかな?と思ってたら案の定、全く動けてないのね。

そのまま試合でも動けず、しかもダウンまで取られて負け。

本人と試合後に話したけど、タイトルマッチでドローまで行ってるフライ級にまだまだ未練が有るって言ってたけど、この階級じゃこの先も良いパフォーマンスは見せられないと思うな。

相手選手より全体の筋肉が確実にでかい上で、背がまた高い訳だもの。

この敗戦で、フライ級タイトル戦線からは完全に脱落した事実も踏まえて、選手を続けていくなら階級アップを絶対に薦めるな。

メイン前で、凄く良い試合が有った。

いつも会う度必ず虐めるのが日課になってるがってん(がってん古川)とレオンケイスケの試合も良かった。

次のフライ級タイトル挑戦者決定戦と言っても良い一戦だろう。

お互い速い回転のパンチと蹴りが交錯する高レベルの試合。

一進一退の攻防が続いたけど、最終Rに差が出た。

お互いパンチが交錯するまでは一緒なんだけど、その後レオンはしっかりローキックをフォローしてた。

パンチだけになったがってんと同じ様にパンチを打ちつつろーをきっちりフォローした分、レオンが飼ってる様に見えたし、結果も僅差ながらレオンの勝ち。

試合後、自然に拍手できる素晴らしい試合だった。

いつまでもがってんを虐める訳にはいかないな。
これからは敬意を持って虐めよう(^~^)

メイン、蘇我の減量苦を聞いてただけに、階級アップで良いコンディションだと、アグレッシブなファイトが更にグレードアップするか楽しみだった。

対戦相手の岡田は、何処に対抗戦で出しても(そんな試合無いんだけどね・・・・・)恥ずかしくない実力が有ると俺は思ってる。

1Rからつっかけるだろう蘇我を、岡田がどう捌くか楽しみだったけど、予想通りつっかけた蘇我に対し、岡田のラテンの血に火が着いて、捌くどころか真っ向勝負。

お互い飛び技を含めた、高レベルの試合は差が無くドローに。

1人だけ2ポイント?差を付けたジャッチがいたけど、ドローでしょう今回の試合は!

相変わらず、技術無視でパンチで前に出ればポイント付けるジャッチがいるのよね・・・・・

でもこの試合で蘇我はフェザーでやってける自信が着いたんでは?

年始興業でノンタイトル戦でいきなり剛介と当たるけど、楽しみな一戦でしょ!

ま、1回目で剛介に勝つのは厳しいと思うけど(^~^)

トップランカーが高レベルな試合だった、協会ディファ興業の感想記でした。

やっぱり協会は王者以外もレベルが高い!!!

外にこの力を示す機会が有れば・・・・・
by realdevilman | 2006-11-27 11:11
かなり遅くなったけど(頑張って働いてるしょうです!)プロの観戦記。

今回、ぶっちゃけ興味有ったのは、前回素晴らしい試合した伊原本部の土屋と、フェザーに上げた蘇我と常に高い実力をキープしてる1位の岡田との試合だけ。


で土屋の試合。

すいません、大した選手じゃなかったです。
少なくとも今回の試合を見た限りではね。

膝が出来ないのは聞いてたけど、それ以外もいまいち。
前回は相手にも問題が有ったんだろう。

あの時の攻めは素晴らしかったんだけどな・・・・・

3回戦は一気に突き抜ける位じゃないと、トップには行けない。

サイトの注目の選手にも名前書いてたけど、消しました。
もう1度這い上がれ!

年始の協会オールスター興行で、尚武会のパンチャーの亮(川崎亮、虐めると楽しい)とやるらしいけど、亮ならお互い膝の出来ないパンチャー同士で噛み合うと思うし、尚武会は完全にいけると思ってたから、覆す結果で頑張って欲しい。

でもしょぼかった・・・・・

吉川も試合有ったんだけど知らなかった。

相手選手が下位ランカーだったけど、朝の計量で見たら、痩せてるって言うより骸骨みたいになってたから、動けるんかな?と思ってたら案の定、全く動けてないのね。

そのまま試合でも動けず、しかもダウンまで取られて負け。

本人と試合後に話したけど、タイトルマッチでドローまで行ってるフライ級にまだまだ未練が有るって言ってたけど、この階級じゃこの先も良いパフォーマンスは見せられないと思うな。

相手選手より全体の筋肉が確実にでかい上で、背がまた高い訳だもの。

この敗戦で、フライ級タイトル戦線からは完全に脱落した事実も踏まえて、選手を続けていくなら階級アップを絶対に薦めるな。

メイン前で、凄く良い試合が有った。

いつも会う度必ず虐めるのが日課になってるがってん(がってん古川)とレオンケイスケの試合も良かった。

次のフライ級タイトル挑戦者決定戦と言っても良い一戦だろう。

お互い速い回転のパンチと蹴りが交錯する高レベルの試合。

一進一退の攻防が続いたけど、最終Rに差が出た。

お互いパンチが交錯するまでは一緒なんだけど、その後レオンはしっかりローキックをフォローしてた。

パンチだけになったがってんと同じ様にパンチを打ちつつろーをきっちりフォローした分、レオンが飼ってる様に見えたし、結果も僅差ながらレオンの勝ち。

試合後、自然に拍手できる素晴らしい試合だった。

いつまでもがってんを虐める訳にはいかないな。
これからは敬意を持って虐めよう(^~^)

メイン、蘇我の減量苦を聞いてただけに、階級アップで良いコンディションだと、アグレッシブなファイトが更にグレードアップするか楽しみだった。

対戦相手の岡田は、何処に対抗戦で出しても(そんな試合無いんだけどね・・・・・)恥ずかしくない実力が有ると俺は思ってる。

1Rからつっかけるだろう蘇我を、岡田がどう捌くか楽しみだったけど、予想通りつっかけた蘇我に対し、岡田のラテンの血に火が着いて、捌くどころか真っ向勝負。

お互い飛び技を含めた、高レベルの試合は差が無くドローに。

1人だけ2ポイント?差を付けたジャッチがいたけど、ドローでしょう今回の試合は!

相変わらず、技術無視でパンチで前に出ればポイント付けるジャッチがいるのよね・・・・・

でもこの試合で蘇我はフェザーでやってける自信が着いたんでは?

年始興業でノンタイトル戦でいきなり剛介と当たるけど、楽しみな一戦でしょ!

ま、1回目で剛介に勝つのは厳しいと思うけど(^~^)

トップランカーが高レベルな試合だった、協会ディファ興業の感想記でした。

やっぱり協会は王者以外もレベルが高い!!!

外にこの力を示す機会が有れば・・・・・
by realdevilman | 2006-11-27 11:11
朝のアマチュアから行って参りました。

稲城からは4人出場。

2人が共にプロを見据えての、Aクラス参戦(アマチュア上からA・B・その下はよく解りません)の為、共に気合が入ってたけど、2人共に敗戦、しかも1人はKO負け。

もう1人も競ったけど負け。

Bクラスに参戦した2人の選手は共に勝った。

アマチュア選手なんで特に批評はしないけど、やはり後輩の負ける姿を見るのは非常に辛い。

身が切られる様な辛さってこうゆう事を言うんだろうな・・・・・

そして、アマチュア最終試合。

レベルの上の試合、Aが最後に行なわれるんだけど、階級は軽い方から行なわれる。

今回の最重量級、ミドル級の最後の試合で、ハイキックを受けた選手がそのまま失神。

足が痙攣して、意識消失が長い時間続いた。

舌を巻き込んで窒息するのが恐かった為、口に手を入れて舌を持ち上げてた際に思いっ切り噛まれてしまい、滅茶苦茶痛かった・・・・・

救急車で搬送したが、その後の安否が気になります。
救急車が来るまでに意識は戻ったので、少し安心してるけど。

家族?彼女?が大きな声を出して怒る?感じだったけど、キックボクシングはスポーツではなく格闘技です。

相手を傷付ける事により、勝利を得る競技です。

ぶっちゃけ当たり所が悪ければ、死んでしまう事も、充分有りうる競技です。

俺も、引退した際には自分の意思も有ったけど、同時に家族友人からの強い進めが有りました。

競技をしている誰にでも、事故は起こる可能性は有ります。

それなりの覚悟が、自分も含めた周りの人も必要な競技で有る事を、この日記を見た人だけでも、もう1度心に強く置いて欲しいと思います。

とりあえず時間も無いんで、とりあえずアマチュアの感想でした。

プロの試合はまた後日。
by realdevilman | 2006-11-20 11:14
え~長く格闘技、特に立ち技に関わってまいりまして、その年数14年。

プロになってから、12年経ってます。

でも、つい最近まで気付かなかった恥ずかしい事が・・・・・


俺、ウェルター級の事をウエルター級って書いてた・・・・・


約9年もこの階級前後でで戦い続けてたんだけど、字を間違って認識していました・・・・・

知り合いに作って貰った階級表の字なんて、最初はちゃんとウェルター級って書いてあったのに、間違ってると思って自分でウエルターに訂正してたの・・・・・

気付いたのは今年の夏の終わり位で御座います。

恥ずかしい・・・・・
by realdevilman | 2006-11-16 00:24
行って参りました!

とにかく、チケット取れなくて!

最初頼んでた選手は結局取れないって言うんで、出場する大月君に頼んで、何とか1枚立ち見を入手。

多分、超満員札止め状態だった。

今の全日本の勢いは、間違い無く日本1でしょう!

セミ&メインの4試合の感想ね。

まずは増田さん。

俺と同い年でフェザー級では無敵だった増田さんは、減量苦は無いけど、強い相手を求めてライト級に。

階級の壁や歴戦のダメージで、ベルト取るまでかなり苦労した様た様だけど、取ったのを知った時は、凄えリスペクトしました。

今回もタイ人相手に1R首相撲で主導権をとる辺り、タイ人に習い続け、対戦も豊富なだけに、流石だなと。

しかし、後半その首相撲で逆襲されてしまい、体力を激しく浪費して無念の敗退。

同い年として、まだまだ頑張って欲しい。

でもって大月君。

俺が現役選手の中で最も好きで、技術的にも最も参考にしている選手だ。
なので練習中、俺の動きを見て大月君の真似って言うのは恥ずかしいから止めて下さい(^~^)

今回はブランクも有り、相手選手がカウンターを恐れてか?
手の攻撃を殆ど出さない為、静かな試合だったけど、きっちり圧倒しての勝利。

相手選手が勝つ事よりも、倒されない事を最優先にした戦い方だっただけに、この結果はしょうがないかなと。

相手選手、試合後のコメントで延長有ると思ったとか言ってたけど、無いでしょ!
ワンサイドだったし。

自分が勝ってるか負けてるか解らない選手って格好悪いなと思いましたな。

まだまだこれからも、1試合でも多く大月君には試合を見せて貰いたいと強く思います。

でもって初めて見た大輝選手。

素晴らしい選手だね!!!

パンチと蹴りが非常にバランス良くて、しかもパンチの技術、強さはKOに繋がる可能性がかなり高いレベル。

蹴りも非常に良く、タイ人相手にも蹴り負けないし、首相撲でもタイ人相手に競り勝つ場面も多く、どんな局面でも強さを発揮できる素晴らしい選手でした。

相手選手はラジャの1位と言う事でしたが、これはプロモーターのアンモーさんの力が大きく影響してるでしょう。

正直、1位の実力は全く有りませんでした。

チュワタナで一緒に練習した事ある選手からも、1位の実力は無いって聞いていたけど、確かに、プロモーターの力で1位になったって感じの実力でした。

でも、日本人が勝つ事は中々難しいレベルなのは確かだと思うけど。

次はラジャダムナンのタイトル挑戦らしいけど、ベルト経験者と1度対戦した方が、確実な大輝選手の実力が測れるから良いのでは?

ベルト経験者はまた1レベル違うからね。

ただ、今の日本のウェルター級で大輝選手に勝てる選手はちょっといない気がするな。

ウェルター級日本最強と言えるのでは?

全日本キックは前日軽量な為、ウェルター級ではかなり大きい体格(本当にウエルター級?って思える体の厚さでした)の大輝選手だけど、スーパーウェルター級で挑戦する可能性も有るとの事。

現スーパーウェルター王者のビック・ベンは、さっきも書いた1レベル上の選手だけに、大輝選手の真の実力が見れるのでは?

そして、スーパーウエルター級はMAXと同じ体重でも有る。

肘膝無しでも充分通用すると思われる、大輝選手のMAX登場は有るのかな?

ムエタイ挑戦を目標としている前日計量でのスーパーウエルター級って所がネックかな。

寺岡さん(横浜JMCの会長です)のジムの選手はムエタイの技術を本当に上手くキックに取り込んでる気がする。

JMCはジャパンムエタイセンターの略らしいけど、その名に偽り無しって感じですな。

で、メインの小林さん。

試合はこうなるのでは?と思った通りの展開。

タイ人には数種類の選手がいて、パンチとローやハイで初回から倒しに行くムエゴーって呼ばれる選手が少数で、基本的には蹴り中心の選手が多く、続いてムエカオと呼ばれる膝蹴りの選手がいる。

この中で、日本人や外人が1番苦労するのがムエカオの選手。

タイ人と日本人の技術の中で、最も開きがあるのが、膝蹴りだろう。

そしてムエカオの選手と1番相性が悪いのが、パンチの選手。

ガードしながら前に来て組まれる。

コレが1番しんどいし、外人相手にタイ人が勝つ確率が1番高い戦い方だろう。

辛いのは、コレが日本では全く盛り上らない事。

今回、小林さんはこの首相撲にどっぷりはまってしまった。

そのまま敗戦。

1ポイント差のジャッチが1人いたけど、キック初めて見るのかしら?

真剣に戦ってる選手に失礼だし、見る目無いから辞める事を薦めるな。

組際に肘でも!と思ったけど、俺レベルでは解らない事が一杯あるだろうし、本当にしんどい試合だったと思う。

そして試合後の引退発言。

予感は有った。

実力に陰りが見えてからの、ムエタイ王者挑戦。

大月君の復帰戦も有ったけど、小林さんの最後の試合になるのでは?と思っていた。
でも、それと同じ位、小林さんならもしかして?との期待感も有った。

キック界から、本当の強さを求めて、本当に強い選手と戦い続けた、偉大な選手が引退した。

数々の名勝負は、見た人の心にいつまでも残る事でしょう。


小林さん本当にお疲れ様でした。

最後の勇姿?
全日本キック観戦記_f0010112_12524073.jpg

by realdevilman | 2006-11-15 09:33
今夜は、全日本キック観戦。

無茶苦茶楽しみだ!

今の新日本には無い位・・・・・

俺的なメインは、ファンでも有る大月君の復帰戦。

でも、やはり小林さんのムエタイ王者との対戦は凄く気になる。

そして、最近出てきた大輝選手を初めて見るのも凄く楽しみ。

多分、そのうち偉そうに感想記も書くでしょう(^~^)

でも、それとは別次元で凄く気になる事が有る。

それは、長く新日本キックと提携?関わってきた、アンモーさん(ラジャダムナンスタジアムプロモーター)が、全日本のリングに上がるらしいのだ。

何気にMAのリングに今年既に上がってるけど・・・・・

俺自身、タイで試合する場合は、去年のラジャダムナンでの試合以外は1番最初のBBTVスタジアムの試合を抜かして、全てアンモーさんの興業に出ている。

ビックマッチのメイン後で使って貰ったり、試合を見ていた他のジムの会長の要求に答える形で王宮前興業にも、タイではかなり高額のファイトマネーを貰って出させて貰ったりもした。

そんなアンモーさんにはタイでの会長みたいなイメージも持っていたし、感謝の気持ちも有る。

実は、去年のラジャダムナンでやった試合も、最初はアンモーさんの興業に!と思っていた。

で、内々に出れるか聞いてみたところ、タイに来て1ヶ月間練習するなら出すとの事。

家庭も有る会社員の俺が、今1ヶ月も休める訳有りません。

当然無理!

タイで練習して試合に出た事は有ったが、それは練習で行ってた時に、そのまま出ただけ。

日本で調整して試合2日前位にタイに行き、試合ってパターンが殆どだったし、それで勝つにしても負けるにしても、それなりに熱い試合はしたつもりだし、かなり盛り上げたつもりだ。

それなのに何故タイで1ヶ月も調整させる?

タイスタイルと対極のスタイルの俺が、たまにタイで練習していたのは、練習だけに集中する事で、余計な雑念を自分から取り除きたい時だけだし、基本的には日本での練習でも充分調整できるし、してきたつもりだ。

1ヶ月分の練習費が欲しい以外考えられなかった。

金か・・・・・

解ってはいたけど、悲しくなった。

キック界にも暗黙の了解が有る。

選手の引き抜きはしない。

タイ人に関してはプロモーターが選手の出場する権限の全てを持つ。

NJKFとソンチャイプロモーターが提携してるように、新日本とアモーさんもそうだと思ってた。

別に全日本がアンモーさんを引き抜いたなんて、全く思っていない。

アンモーさんが日本での商売相手として全日本を選んだだけだろう。

でも俺は、アンモーさんと伊原会長とは金以上の、心の繋がりが有ると思っていた。
だから、今回の事にビックリしているし、正直寂しい。

同じプロモーターの選手を色々な団体が使えば、1つのジムが色々な団体に選手を出すのと同じだ。

比較対照になるから、選手の力量を測る意味では良いかもしれないけど。

あのタイの選手に、あの選手は勝ってるから、あれに勝てればって比較になる意味では、閉鎖的なキック界での楽しみの一つにはなるかもしれない。

この先ノップ(ノッパデー2)やオームシンが帰国したら、再び伊原ジムに来る可能性も低い気がする。

何か寂しく感じちゃう、今日この頃です。
by realdevilman | 2006-11-12 13:41
日記のタイトルは誰の事でしょう?



俺です。



2時?

そう2時です。

俺は常に2時なんです。

昔は違いました。

でも、今は常に2時です。

それは・・・・・



両足の角度!



左足が長針。
右足が短針。

常に足がその向きにに自然となってしまうんです。

元々は普通に両方前向いてた俺の足。

でもキックの構えの足の形が、2時なのよね。

それを14年続けると・・・・・



2時の男になれます!!!



皆さんも試しては?

それでロードワークを続けると外に力が加わり続ける為、漏れなく、右足首の慢性的な故障に繋がります(^~^)
by realdevilman | 2006-11-11 09:18